恋愛をするうえで誰もが憧れる「相思相愛」の関係。
お互いが思いやり、ずっと仲良く一緒に居られるステキな関係ですよね。

気になる彼と相思相愛になれたらいいな……と想像する方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、気になる彼と「相思相愛」になる方法についてアドバイスしていきたいと思います!

(1)濃い時間を共有する

『長い時間一緒にいることより、密度の濃い時間を一緒に過ごした方が仲良くなれるよね』(28歳/SE)

「相」という字があるように、彼と「相思相愛」になるためにはお互いがお互いをよく知るための時間が必要になります。
「ずっと一緒にいる」というよりは「より密度の濃い時間を共有する」ことで、お互いをより強く意識する土台作りをするのです。

合コンで知り合ってスグお付き合い!という恋愛もアリですが、相思相愛の関係を目指すならば、それなりの時間がかかることを肝に銘じておきましょう。

(2)彼に対して同調する

『なんでもかんでも従うのは違うと思うけど、基本的には同調してくれた方が嬉しい』(29歳/コンサル)

相思相愛の関係では、お互いを認めて高めあう姿勢が大切になります。
彼の意見を聞くだけではなく、そこ+αの同調する姿勢を見せれば、彼の自身やあなたへの信頼へとつながります。
ダメなことはダメと言い、いい所があればそれに同調する、その積み重ねの先に愛が芽生えるのです。

(3)恋愛に発展しなくても焦らない

『焦ってガツガツされると面倒くさく思ってしまう』(27歳/金融)

相思相愛はその関係上、「恋愛感情」よりも「思いやり気持ち」が強く出てしまうことがあります。
お互いを思いやった結果、家族やそれに近い関係性になってしまい、すぐには恋愛に発展しないことも。
そんな時は焦らずに、ゆっくりあなたの好意を相手に伝えれば、結果は必ずついて来るはずですよ。

(4)相手に興味を持ち理解を示す

『自分に対して興味を持ってくれるのは素直に嬉しい』(27歳/企画)

「好き」の反対は「無関心」というように、相手への興味がないと相思相愛の関係にはなり得ません。
そして相手に興味を持ったとしても、それに理解を示さなければ彼は心を閉ざしてしまうでしょう。
仕事や趣味といった彼にとって大切なものの話だからこそ、興味を持って聞き、理解を示してあげてくださいね。


この記事では、気になる彼と「相思相愛」になるためのアドバイスをまとめてきました。
相思相愛といっても、その定義は人それぞれですが、お互いを思いやる関係だという根底は共通化と思います。
ギブアンドテイクでスリルのある恋愛もいいですが、ずっと好き合う関係を求めるなら相思相愛を目指してみましょう。

(恋愛jp編集部)