それぞれがおしゃれなアイテムであっても、組み合わせによってはドン引きされてしまうようなダサいスタイルに見えてしまうことがあります。
あなたはそんなダサいスタイルをしていませんか?
今回は、彼氏もドン引きなセンスゼロコーデについてご紹介します。

(1)露出しすぎ

『彼女にそんな露出してほしくない!』(27歳/経営)

夏は開放的な気分になり、露出したファッションがしたくなりますよね。
しかしあまりにも露出しすぎてしまうと、下品に見えてしまい、周囲からドン引きされてしまうのです。
足を出す時は胸元の露出を控えめにするなど、露出する場所とそうでない場所のバランスを考えながらコーデを組むようにしてみましょう。

(2)大きすぎるブランドロゴ

『ブランドのロゴが主張しすぎてる服ってちょっと痛い……』(29歳/サービス)

ブランドロゴの主張が激しすぎるファッションは痛々しく見えてしまいます。
ブランドが大好きだとしても、主張の強すぎるアイテムは控えるようにしましょう。

全身をブランドで固めてしまうと、彼はあなたの隣を歩きたくないと思ってしまうこともあるのです。
ブランドものを着る時は、さりげなさにポイントをおいてアイテムを選ぶようにしてくださいね。

(3)全身フリフリ

『全身フリフリの服ってちょっと甘すぎない?あんまり好きじゃないかも……』(27歳/人事)

全身フリフリのファッションも、男性にドン引きされてしまいます。
甘くて可愛らしいアイテムを着るのは構いませんが、組み合わせ方には気をつけるべきです。
トップスを甘めのデザインのものにした場合は、ボトムスをシンプルなスキニーパンツにするなど、バランスに注意して組み合わせましょう。

(4)メリハリがまったくない

『トップスもボトムスもゆったりしてると着ぐるみみたい』(28歳/営業)

体のラインが見えるのが恥ずかしいからといって、トップスもボトムスもゆったりしすぎたものを選ぶのはあまりオススメできません。

トップスもボトムスもゆったりしていると、メリハリがなくぼんやりとした印象のコーデになってしまいます。
トップスをコンパクトにまとめた時は、ボトムスにゆったりとしたアイテムを合わせるなど、メリハリを意識しましょう。

今回は、彼氏もドン引きなセンスゼロコーデについてご紹介しました。
それぞれのアイテムがおしゃれであっても、組み合わせを間違えるとそのアイテムを生かすことができなくなってしまいます。
雑誌のファッションを参考にしてコーデを組むなど、センスを磨く努力をしてみましょう。

(恋愛jp編集部)