コンセプトのよくわからないコーデには、さすがに女性のファッションについてよく知らない男性でもその不自然さに気づくもの。
そんな謎コーデが目立つ人は、男性にも「この子はオシャレに疎いんだな」なんて思われがちです。

せっかくのデートの機会をムダにしないよう、ゴチャゴチャコーデには注意したいところですね。
そこで今回は、男性が困惑するゴチャゴチャコーデについて解説していきたいと思います!

(1)柄物を多用している

『柄に柄を合わせるのって、かなりセンスがいい人じゃなきゃ違和感あるよね』(29歳/サービス)

よくあるのは、柄物の多用。
たとえばボーダーなのに、下はストライプ……なんて謎の組み合わせは、さすがに避けておきたいですね。
これは極端な例ですが、そもそもボーダー×ストライプなんて強烈な組み合わせでなくとも、柄物を2つ以上使うのは辞めた方がいいでしょう。
柄物は主張が強いので、異なる柄をコーデの中で二つ使うだけで喧嘩し合い、コンセプトがわからなくなってしまいます。

(2)色の組み合わせがおかしい

『なんでその色にその色を合わせるの……?』(27歳/証券)

色の組み合わせにも要注意。
たとえば原色と淡いカラーの組み合わせなどは、明らかに合いませんよね。
同じ青系で統一しようとしても、色のトーンが違えば組み合わせに不自然さは残ってしまいます。

(3)季節感がバラバラ

『夏物と冬物を組み合わせるのは明らかにおかしい』(28歳/広告)

季節感がバラバラになってしまう人も意外と多いので気をつけてください。
夏物のワンピースの上に冬物のコートを羽織ったり、明らかに相性の悪い組み合わせは避けましょう。
「さすがにそれ季節感おかしいよね……?」と男性も気づいて困惑してしまいます。

(4)テイストがごちゃ混ぜ

『結局どうなりたいの?って思ってしまう』(27歳/IT)

好きな服を着たいという意識が強いと、時にコーデの中でテイストがごちゃ混ぜになってしまうことがあります。
ガーリーなワンピースの上にカジュアルなジャケットを羽織るのは、さすがに違いますよね。
そんなテイストの喧嘩するコーデは明らかに「ダサい」ので、デートコーデを選ぶ際はぜひ気をつけましょう。


あまりにもごちゃ混ぜ感が強いと、さすがに男性も「その服はちょっと……」と違和感を覚えるもの。
最悪の場合、そんな謎コーデのせいですっかりドン引きされてしまうこともあるため、ぜひアイテムのゴチャゴチャ感には気をつけましょう!

(恋愛jp編集部)