付き合うまでは素敵に見えたのに、付き合って彼女の本性を知り、ガッカリということもあるようです。

今回は、男性が付き合って後悔したと感じる女性の特徴を4つご紹介します。
彼を失望させないためにも、チェックしておいてくださいね。

(1)話しの内容がネガティブ

『ネガティブな話ばかりされるとウンザリしてくる』(28歳/営業)

付き合う前はそうでもなかったのに、付き合い始めると話しの内容がネガティブなことばかりになって、男性をうんざりさせる女性もいます。
誰かの悪口や仕事の愚痴など、誰かに聞いてもらったらスッキリするのでしょうが、聞かされる方も暗い気分になってしまうでしょう。

(2)嫉妬深い

『付き合い始めたら急に束縛が激しくなって、付き合わなきゃよかったって思った』(30歳/公務員)

付き合い始めたとたん、激しく束縛するようになると、男性は付き合ったことを後悔してしまいます。

可愛いヤキモチくらいならいいのですが、嫉妬が激しく、「毎日電話して」など束縛するタイプは疲れてしまうでしょう。
「重い女」と思われてしまうので、彼を信じてあまり嫉妬しないようにしましょう。

(3)仕事への理解がない

『仕事が忙しいことを理解してくれないのは悲しいですね』(28歳/美容師)

彼の仕事が忙しければ、なかなかデートできなかったり、ドタキャンされたりすることもあるでしょう。
彼の仕事への理解があれば、急なキャンセルにも納得できるはず。

しかし彼がどれだけ忙しかろうが自分を優先してもらおうとする女性もいます。

男性にとって仕事はすごく大切なもの。
仕事への理解がない女性とは、付き合っても後悔してしまうでしょう。

(4)お金目当てである

『あきらかにお金目当てだと気づいてしまったとき、付き合ったことを後悔しましたね』(30歳/証券)

自分のことを好きになってくれたと思っていたのに、どうもお金目当てだったと知ったとき、男性は付き合ったことを後悔します。
お金を持ってる男性と付き合えば、食事は奢ってくれるし、欲しいものを買ってもらえるかもしれません。

しかし彼女が自分のことをお財布としか思っていなかったら、付き合って後悔してしまうでしょう。


自分のことしか考えていないと、彼が「付き合うんじゃなかった」と思ってしまうかもしれませんね。
嫌な別れ方をしなくてすむように、彼への態度に問題がないか見直してみましょう。

(恋愛jp編集部)