気になる男性とLINEするときは、好感を持たれるLINEを意識したいですね。
「もっとLINEしたい」と思ってもらえて、彼と親密になれるかもしれません。

今回は、男性が好感を持つLINEを4つご紹介しますので、気になる男性とLINEするときは参考にしてくださいね。

(1)彼の仕事が終わった頃にLINEする

『仕事中はどうしても既読無視になることもあって忘れちゃうしね』(25歳/広報)

仕事中にLINEが届いても、すぐに返信できないという男性が多いでしょう。
忙しくてピリピリしているときにお気楽なLINEが届いても、彼は好感は持てないかも?

そこで彼にLINEするのは仕事が終わった頃の時間帯にしましょう。
彼も返信しやすいでしょうし、仕事が終わって気分もリラックスしているはずです。

(2)夜遅い時間のLINEは避ける

『朝早い時間から爽やかにLINEがくると、なんか嬉しい』(31歳/教師)

夜型の女性より、朝型の女性の方が爽やかで好感度が高いです。
そこで彼にLINEするときは、夜遅い時間を避けましょう。

また、彼から夜中にLINEがきたときも、返信は翌朝に。
「あの時間はいつも寝てるの」と早寝早起きタイプであることをアピールすれば、きっと好感を持たれるでしょう。

(3)ダラダラ続けず切り上げる

『どこかで切りたいなって時にタイミングよく終わらせてくれると楽ですね』(29歳/インテリア)

LINEは特に内容がないのにダラダラ続くこともあります。
彼の方から「そろそろ終わろう」と言ってくれなくても、内心は飽きかけているかも?

そこでダラダラ続かないように、あなたの方から「そろそろ寝るね」とか「お風呂に入るから」など理由を作り、適当なところで終わらせるようにしましょう。
女性とのいつまでも続きそうなLINEが苦手な人は、自分から切り上げてくれるあなたに好感を持ってくれるはずですよ。

(4)相手の名前を入れる

『丁寧さと特別感がなんか嬉しいです』(33歳/建築)

LINEは1対1なので、いちいち名前を入れなくても誰に向かって言ってるのかわかりますが、あえて相手の名前を入れてみましょう。
自分の名前を呼ばれると、相手に対して親しみを持つもの。
たとえば「明日は休み?」よりも「〇〇くんは明日休み?」と名前を入れることで、丁寧な印象を受けて好感を持ってくれるでしょう。


LINEで自分の印象をアップすることもできます。
気になる男性とLINEするときは、彼が「いい子だな」と思ってくれるように、彼への気遣いを忘れないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)