片思いの時に気になる彼とLINEをすると、いろいろと気にしてしまいますよね。
どうすればよい距離感で連絡を取って両想いになれるのでしょうか。
今回は恋が発展する「LINEの正しい頻度と内容」を4つご紹介していきます。

(1)LINEの頻度は彼に合わせて

『前に1日になんどもLINEしてくる人がいて、疲れちゃった』(28歳/インテリア)
LINEの頻度は多すぎても少なすぎてもNG。
できれば彼のLINEの頻度と合わせられると良いでしょう。
ただし、それが難しい場合は、彼とのつながりを切らないように、毎日仕事前と後に連絡をするというように心掛けて。
多すぎるLINEは彼が鬱陶しくなってしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

(2)内容はお互いの興味のあることを

『どんな感性なのかをお互いに知れるよね』(32歳/総務)
LINEの内容はお互いの興味のあることを書くようにしましょう。
彼が音楽が好きなら音楽の話題をするようにしてみるとグッド!
また、彼からもあなたの好きなこと、興味のあることを聞かれるはずです。
その時はあなたのことを少しアピールするように、好きなことを彼に伝えましょう!

(3)文章は長文すぎないように

『あまりに長いものが画面に出るとそれだけで億劫になる』(34歳/飲食)
LINEの文章は基本的に長過ぎないのが相手に好まれます。
そして、相手も忙しくなければお互いに短文でテンポよくLINEができるのが理想です。
それでも、なかなか時間が合わない場合は、1つの文を長く書かずに、短文やスタンプ、画像などを送って視覚的に訴えてくださいね!

(4)相手に興味をもって話す

『やっぱり文章といえど、気持ちは伝わってきます!』(28歳/販売)
相手に興味を持って話すこと、これが一番大切です。
LINEをするにしても、結局テクニックでは仲良くなれません。
あなたが彼のことをもっと知りたい、近づきたいと思えば思うほど、それは行動になって現れて、彼に伝わるはずですよ。
彼に興味を持って、2人の共通のこと、一緒に過ごしたいことなどを、話してみましょう!


彼とのLINEの頻度や内容はやはりお相手とあなた次第。
他のカップルが興味を持たなくても、あなたと彼のふたりなら持つかもしれません。
本当に伝えたいこと、聞きたいことをお互いの中で少しずつ見出していってくださいね!

(恋愛jp編集部)