ぽっちゃりな女性はファッション次第でさらに着太りすることがあるようです。
そんなNGファッションはできることなら避けたいところですよね。
そこでポッチャリ女性は避けるべき「NGファッション」をご紹介します。

(1)膨張色

『白いパンツはかなり脚太く見えるよ』(27歳/IT)

膨張色のファッションは、ぽっちゃりの体型の人が着るとさらに太って見えることがあります。
白のパンツは足が太く見えるので、ボトムスを選ぶ際には黒などのダークなカラーを選ぶことをオススメします。
薄いピンクなども膨張して見えるので、コーディネートを選ぶ際にはできるだけ取り入れないようにしましょう。

(2)ピチピチのスキニーパンツ

『スキニーパンツって脚の細い人が履くとスラッとしてて綺麗だけど、そうでもない子が履くとパツンパツンで脚太く見える……』(28歳/飲食)

ピチピチのスキニーパンツは、ぽっちゃりの人が着ると足が太く見え、下半身が丈夫な印象を与えます。
痩せている人が履くとスタイルアップにもつながりますが、ぽっちゃり体型の人にはNGなアイテム。
ボディーラインを隠したい人はピチピチのスキニーパンツは避けるよう心がけましょう。

(3)ボーダー柄のトップス

『ボーダー柄は横に大きく見える!』(27歳/SE)

ボーダー柄のファッションは、横に大きく見えるので、体型が気になる人にはオススメできません。
細いボーダー柄であれば太って見えませんが、太いボーダー柄は太って見えるアイテムなのでNG。
ボーダー柄を選ぶ際には、線の太さに注意して選ぶよう心がけましょう。

(4)体にフィットするTシャツ

『体のラインが出るようなピッタリしたTシャツは痩せてる子ならいいんだけど……』(29歳/販売)

体にフィットするTシャツは、ボディーラインが全面に出るので、ぽっちゃりな人が着るとそのままの印象を与えます。
そのため体にフィットするTシャツではなく、サイズ感は余裕があるものを選びましょう。
そうすることで着心地がいいだけではなく、痩せて見えることにもつながります。


ポッチャリ女性は避けるべき「NGファッション」を参考に、太って見えることを防ぐよう心がけましょう。

(恋愛jp編集部)