彼とのLINEは充実していますか?

今回は、彼がニヤける「おやすみLINE」の特徴をご紹介します。
いつものおやすみLINEにプラスするだけで愛され度が上がるので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)今日楽しかった

『デートした日の夜、今日楽しかったってお礼のLINEが来たらキュンとします』(28歳/コンサル)

彼とデートした日には「今日は楽しかった!ありがとう」などのメッセージを送ると、幸せな気持ちのまま眠ることができます。
また忙しくて少しの時間しか会えなかったときにも使用可能。

「顔が見られてうれしかった」などと送ると、彼も彼女のために時間を作ろうと努力したくなります。
「楽しかった今日が終わっちゃうから寝たくない」など、甘~いメッセージも送ってみてはいかがでしょうか。

(2)明日楽しみで寝られない

『デート前日に楽しみで寝られないって言ってる彼女が可愛すぎる』(29歳/証券)

次の日に彼と会う約束がある場合は「明日が楽しみで寝られない」がオススメ。
彼が愛されていることを実感できる一言です。

「明日何食べよっか?」「何を着て行くか迷うな~」など、彼に会うのが待ちきれないアピールをするとかわいげがアップします。

(3)帰りたくなかった

『こんなこと言われたらドキドキしちゃいますね』(27歳/サービス)

少しセクシーなメッセージを送りたい気分のときは「帰りたくなかった」と送ってみましょう。

寝る前に届いたら、彼もついドキッとしてしまいます。
次のデートはお泊りの可能性も。

(4)好き

『寝る前に好きって言われたら幸せな気持ちになれそう』(28歳/IT)

愛の言葉は彼からかけてほしいと考える女性も多いのではないでしょうか。
あえて自分からかけてみるのもオススメ。

直接伝えるのが恥ずかしい言葉も、LINEでなら伝えやすいですよね。
「おやすみ」の前に、「好き」というストレートな一言を付け加えてみてください。


今回は、彼がニヤける「おやすみLINE」の特徴を紹介しました。

実践したいものはありましたか?
1日の終わりをきゅんとするメッセージで締めると、お互いの愛も深まるのでぜひ試してみてください。

(恋愛jp編集部)