既読無視された後に続けてLINEを送るのは、催促っぽくなってしまうため避けてしまう人も多いですよね。
ですがそんな追撃LINEも使い方次第。

時には「こんな追いLINEなら嬉しい……」と男性をキュンとさせてしまうものもあるんです。
そこで今回は、男性をキュンとさせる可愛い追撃LINEをご紹介していきます!

(1)相手の都合を気づかうLINE

『忙しい時にごめんね、ってこっちの都合を気づかってくれる子っていいですよね』(27歳/飲食)

既読無視が続いているのは、やっぱり彼的に忙しい状況が続いているのかもしれません。
そんなときは「忙しいときに送ってごめんね。いつでもいいからね」と軽く追撃LINEを送っておくといいでしょう。

相手からの気遣いを感じれば、男性は誰だっていい印象を抱くはずです。
それがきっかけで、忙しくても返信したくなる男性は多いでしょう。

(2)たまにある催促ならむしろ可愛い

『たまになら催促されるのも可愛いなって思う』(28歳/IT)

ちょっとした催促で、しかも頻度も高くなければ、実は意外と嫌がられないことも多いんです。
じーっと見つめる可愛い系のスタンプを送ってみるなど、可愛くてしつこくない催促を意識してみましょう。

そんなほっとけない系の追撃LINEなら、思わず反応してしまう男性も多いです。
たまになら、あえて追撃して返信を催促することも選択肢の一つに入れてみましょう。

(3)あえて話題を転換する

『話が終わったと思ってLINE返さないことって結構ありますね』(27歳/経営)

あえて話題を転換し、彼が返信しやすいように誘導するのも一つの手です。
彼的にはもはや話は終わったと思っている可能性もあるため、話を変えれば普通に返信をくれる場合も多いもの。

相手にとって興味をそそられる話をあらためて振ることができれば、より効果的ですね。

(4)清々しく甘えてみる

『しつこくなければ甘えてくれるのは全然嬉しい』(26歳/商社)

いやらしくなく、しかもしつこさがなければ、あえて清々しく甘えるのも重要です。
あくまで軽いノリを意識して、「寂しい〜……なんてね!!」といったように甘えてみましょう。

要するに重さやしつこさがなければ嫌な印象にはならないため、甘えるのにもちょっとしたドライな雰囲気があればいいんです。


可愛い追撃LINEを意識して送れば、既読無視された後に続けてLINEを送っても実は嫌な印象はないものです。
ぜひそんな追撃LINEテクニックを実践し、好きな人とのやり取りをたくさん続けていきましょう!

(恋愛jp編集部)