LINEは好きな人と距離を縮める絶好のチャンスとなる交流の場です。
ですが使い方やメッセージの内容をひとたび間違えば、逆に幻滅されてしまうことにもなりかねません。

とくに普段からLINEで暴走しがちな人は、返信で彼を困惑させてしまわないようぜひ注意を払っていきましょう。
そこで今回は、絶対にしてはいけないLINEの返信について解説していきたいと思います!

(1)何度も同じような内容を重ねる返信

『何度も何度も同じような内容が送られてきてるのは面倒』(28歳/商社)

彼からの返信がないからといって、何度も同じような内容を重ねて送るような返信は厳禁です。

まるでLINEをツイッターのように使い、彼からの返信が来るまで好き勝手つぶやいている……
そんな無意味なメッセージを何度も受け取れば、さすがに彼も面倒に感じてしまいます。

(2)ネガティブな病み返信

『ネガティブな話ばかりだとウンザリしてくる』(27歳/サービス)

過度にネガティブで、病んでいる系の返信にはならないように気をつけましょう。
あまりにも暗い内容だと、彼も返信するのに嫌気がさしてしまいます。

こんな暗い内容のやり取りしていかないといけないの……?と思い、一気にやり取りを面倒臭がられてしまいます。

(3)ポエムめいた返信

『ポエムみたいな内容が送られてくると面倒くさいなって思ってしまう』(29歳/企画)

自己満足なポエムのような返信も要注意。
自分の気持ちを察してもらおうとしたり変に匂わせようとしたりしていると、ポエムめいた返信を送ってしまいがちな人は意外といます。

内容が不透明なLINEは、自己満足なものでしかありませんよね。
言いたいことをはっきりと伝えられる人こそ、彼にとっては印象がいいものです。

(4)バランスの取れていない長文

『こっちの送った文に対してあきらかに長文すぎる返信……。読むのが面倒くさい』(28歳/人事)

彼の送ってきたLINEに対して、明らかに長さや内容の深さとバランスの取れていない長文LINEはやっぱり避けたいところ。
極端に長い返信は、正直、男性からしてみて面倒臭さしかありません。

読むのすらうっとうしく感じてしまう男性は多いので、必要以上に長文になる返信だけは絶対にやめておきましょう。


男性が面倒に感じてしまう返信が多い女性は、やっぱり印象もあまり良くないもの。

せっかく気になる彼と交流するチャンスです。
うっとうしい返信ばかりで印象をマイナスにしてしまわないよう、気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)