どんなに可愛い女性でも服がダサいと台無しです。
今回は男性目線で「この子、ダサいな」と感じるNGコーデをご紹介します。

(1)柄が個性的すぎる

『個性的すぎる柄の服だと、服の印象が強すぎて本人の印象が残らない』(28歳/営業)

柄物の服は気分を高めてくれますね。
ですが男性は女性以上に柄そのものに注意が向きます。

個性的すぎる柄だと本人よりも服ばかりに注意が向いてしまうでしょう。

また上下で柄を合わせる猛者も中にはいます。
必ず柄には無地などでバランスをとりましょう。

(2)着古した感じがする

『それ、いつ買ったの?ってくらい着古されてる服はダサいでしょ……』(27歳/SE)

型崩れしたり毛玉ができていたり、みるからに「着古した感じ」があるとダサく見えます。

どんなにブランドであっても着古した服はお別れをしましょう。
コーデの中に1着でも着古したアイテムがあると、コーデ全体が一気にマイナスイメージになります。

古着を買うのが好きな場合も、ランクの高いお店を選んで状態がいいものを選びましょう。
新品同様の商品が格安で売られていたりもしますよ。

(3)年齢に合ってない

『あきらかに年齢に合ってない服はやめた方がいいかも……』(26歳/マーケティング)

年齢によって着る服の系統は変わってきます。
「自由なファッションを楽しみたい」という場合もあるでしょう。

ですが男性は厳しい目で見ているかもしれません。
とくに気にしたいのがミニスカート、ショートパンツ、オフショルダー、谷間です。

ファッションそのものは可愛いのですが、やはり年齢を選びます。
どうしても着たい場合は服だけでなく自分自身を磨く必要も出てきます。

(4)TPOに合ってない

『TPOに合わせた服を着れない人はダサいです』(28歳/金融)

デートに飾りげのないTシャツ・ジーパン・スニーカーで来るなど、TPOに合っていないファッションも男性ウケが悪いです。
逆にアウトドアデートなのにハイヒールで来るなども同様です。

クローゼットの中にどんな場面でも対応できる万能アイテムを揃えておくと、TPOに合ったコーデが簡単になります。
シンプルなブラックのパンツなど、定番アイテムを揃えておきましょう。


そもそもコーデを考えるのが苦手という人もいるかもしれません。
オシャレだと思うアパレル店員さんを頼ったり、雑誌のコーデをそのまま購入するのもいいでしょう。

客観的な意見を取り入れることで適したコーデが完成しますよ。

(恋愛jp編集部)