女性はコーデ次第「細く」も「太く」も見せることができます。
多くの場合、スタイル良く見せたいからこそコーデを工夫するのではないでしょうか?

今回は「+3キロ」太く見えるNGコーデのご紹介です。

(1)キツそうなスキニー

『パツパツのキツそうなスキニーは脚太く見える』(27歳/マーケティング)

スキニーパンツのシュッとしたシルエットは男性ウケ抜群。
ですがあまりにキツそうなムチムチのスキニーは逆効果です。

ストレッチの効いたスキニーは体型を補正することなくムチムチに見せてしまいます。
生地のしっかりしたアイテムを選び、しっかりとスタイルアップできるものを選びましょう。

また立ち姿勢次第でも見栄えは変わりますよ。

(2)白ボトムス

『白って膨張色だからかなり太って見えるよ』(29歳/飲食)

白は膨張色なので、かなり痩せた人でないと白ボトムスは太って見えます。
太って見えない場合は清潔感のあるスタイリッシュな印象を与えるでしょう。

また汚れた白ボトムスは男性から不評です。
体型キープしつつ綺麗な状態を保つことが、着こなす前提といえます。

(3)おなかポッコリなハイウエスト

『ハイウエストパンツ履いてお腹ぽっこりはみっともない』(27歳/経営)

ハイウエストはスタイルアップ効果が期待できる万能アイテムですね。
ですがハイウエストだからこそ下っ腹がポッコリ見えてしまうことがあります。

この場合、スタイルアップよりもお腹周りの太さを強調する結果になってしまいます。
ウエストインするのも、ある程度の細さがあってこそ美しいシルエットになるでしょう。

(4)太いボーダー

『太めのボーダーはスタイルも太く見えちゃうから、細めのボーダーの方がいいかも』(29歳/商社)

ボーダーはどんなボトムスとも合わせやすい万能アイテムです。
しかし場合によっては太って見えることもあります。

中でも太めのボーダーには注意必要です。
パッと見た時の印象が強く、柄が横長なイメージを連想させます。

細いボーダー柄や自然な配色のものを選び、横に広がるシルエットを強調しすぎないようにしましょう。


該当するファッションはありましたか?
もしあった場合は工夫した方が今より痩せて見えるかもしれません。

他のアイテムを取り入れることで、コーデ全体の完成度を高めるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)