服は着ている人のイメージすら塗り替えてしまいます。
「安っぽさ」は女性自身の品格や性格に対する第一印象に影響するでしょう。

今回は男性が「安っぽいな」と感じる女性の服をご紹介します。

(1)生地がペラペラ

『生地がペラペラの服って安っぽく見える』(27歳/営業)

安っぽい服に共通する特徴として「生地の薄さ」があります。
ペラペラした感じは「安っぽさ」を感じさせるでしょう。

また薄すぎる生地だと体のシルエットが必要以上に強調され、品のない印象を与えます。
逆に実際に安い服であっても生地がしっかりしていれば大丈夫です。

(2)ほつれがある

『ほつれた服を着てるのは安っぽくて嫌だなぁ……』(26歳/サービス)

縫い目が雑なのも安っぽさの特徴です。
ミシン目がまっすぐではなく歪んでいたり、縫いそこなった部分があると服は長持ちしません。

雑なだけでなく、ほつれてしまうこともあるでしょう。
ほつれた服を着ていると問答無用で「安っぽい女」認定されてしまいます。

少しでもほつれたら服は寿命です。
ムリに着ることなく取り替えましょう。

(3)毛玉がたくさん

『毛玉だらけの服を着てるのはだらしないです』(27歳/SE)

何度も洗濯していると毛玉がでてきてしまう服があります。
とくに安い服の場合、毛玉ができるペースが早くなるでしょう。

毛玉ができた場合はその都度取り除くようにしましょう。
剃刀を使った方法や毛玉クリーナーを使った安全な方法があります。

また買うときに毛玉ができにくい素材を選ぶのも重要です。

(4)シワがある

『シワだらけの服ってそれだけで安っぽく見える』(28歳/広告)

安い服は形状記憶ができず、シワになりやすいです。

また前述した生地の薄さもシワに繋がります。
シワのついた服を着ていると頼りない印象を与えるでしょう。

必ずアイロンがけをしてシワを伸ばすのはもちろん、そもそもシワになりにくい素材を選ぶようにしましょう。
コットンやリネンはまめな手入れが必要なので、時間がない人にはポリエステルなどがオススメです。


どれも「安っぽさ」だけでなく「下品」「不潔」などのイメージを与えます。
服は「その人の人となりを示すもの」ともいえるので、好印象なものを選ぶことで得をするでしょう。

ぜひ自分を素敵な女性に見せる服を選んでみてください。

(恋愛jp編集部)