長く付き合っているとどうしてもボロが出てしまうタイミングがあります。
せっかくの恋愛が台無しになってしまうと悲しいですよね。

男性が「自分勝手だな」と思う瞬間をチェックしてみましょう。

(1)我が強い

『自分が自分が、って自分の主張ばかりの人は自分勝手で嫌ですね』(27歳/金融)

会話しているときに自分の主張ばかりを続けてしまうと「自分勝手だな」と思われます。

誰しも自分の話は聞いてほしいもの。
そのバランスが偏れば不満がたまってしまいます。

自分の意見を言った後には必ず相手の考えも聞きましょう。
また相手の会話にかぶせて発言しないようにしましょう。

(2)自分の損得ばかり

『どんなことも損得で考えてるような子って嫌だなぁ』(28歳/コンサル)

意思決定するとき、何を基準にしていますか?
「自分が損するか得するか」という打算から判断していると、相手は居心地が悪くなってしまうでしょう。

そもそも恋愛は打算で解決できないことばかりです。
なぜか好きでたまらない、とにかく大切で仕方ない……。

このような感覚と打算はほど遠いです。

(3)絶対に謝らない

『ケンカしても絶対謝らなかったり、お礼が言えなかったり、自分勝手で嫌になります』(29歳/経営)

自分を正当化する癖があったりプライドが高いと、すぐに「謝る」ことができません。
「絶対に傷つきたくない」という深層心理が責任転嫁するのです。

ですが人間関係において「ありがとう」や「ごめん」などの言葉がけはとても大切です。
素直に言えないと損することの方が多いといえるでしょう。

(4)1人で何でも決める

『一緒に話し合って決めることができなくて、全部1人で決められると、僕いらないよねって思ってしまう』(28歳/広報)

恋愛は2人で築いていくものです。
お互いが歩み寄ったり思いやらないと、必ずどこかで関係性が崩れてしまいます。

デートの行先やスケジュール、2人の間のルールなど、付き合っているとさまざまな決断が必要になります。

これを女性1人で決めてしまうとどうなるでしょうか?
男性は女性の考えを一方的に押し付けられている気分になってしまいます。


大好きな男性に「わがまま」だと思われてしまうととてもツライですよね。
男性がガッカリしたとき、取り返しがつかない段階にいたっていることがほとんどです。

早い段階で2人の感情にズレが生じていないか考えるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)