LINEは日常生活に欠かせないものとなりました。
既読に関しては、遅い遅くないで時折揉めてしまうことも。

そこで今回はモテる女性がやっているLINEテクニックについてご紹介します。

(1)昼間は既読つけない

『昼間は忙しいからあんまり連絡取れないんだよね……』(28歳/営業)

どんなに好きな彼でも既読をつけるのは我慢。
好きだからこそすぐ返信をしたくなるかと思います。

でもここはぐっと堪えることが大切。

既読をつけてしまうと連絡をしたくなってしまいます。
しかしお互い忙しいかと思いますので、連絡するのはお互いに迷惑がかかってしまいます。

(2)半日ぐらいで既読をつける

『あまりに放置されると連絡する気が失せる』(26歳/美容師)

既読を我慢するというのにも限度は必要。
やりすぎは相手に「脈なしかな……」と思われてしまいます。

放置しすぎると相手も話す気力をなくしてしまいます。
ちょっと相手を焦らしたいときは半日ぐらいで返信をするようにしましょう。

(3)既読スルーのタイミングを見極める

『だらだらといつまでもLINEを続けられるのって苦手』(30歳/建築)

LINEの返信っていつ終わらせればいいのか難しいですよね。
モテる女子はそんなLINEの終わらせるタイミングも無意識に見極めています。

ポイントは単調なLINEになった瞬間。
たとえばスタンプだけ来たとかであれば、これ以上会話が続く未来が見えないので既読スルーをしていくほうでいいでしょう。

ダラダラ続けるのは男性はあまり好みません。

(4)長文はNG

『長文のLINEがくると読むのが面倒』(26歳/飲食)

長文を送るのはあまり好ましいとは言えません。
男性は基本的に短文でのやりとりを好みます。

ダラダラと長く綴られた文章は受けての読む気をそいでしまいます。
なのでなるべく短文にするように心がけましょう。


今回は、男性が思わず連絡をしたくなるような、待ちわびるLINEテクニックについて解説をしてきました。

LINEはコミュニケーションに欠かせないツール。
それゆえ男性への送り方や扱い方などがありますので、ぜひ他にも色々調べてみてください。

(恋愛jp編集部)