普段はLINEのメッセージでやり取りしているけど、電話をしようとする男性もいますよね。
電話に慣れていないから、メッセージにしてほしいと考える方も多いのではないでしょうか。
今回は、【男に聞いた】LINE電話をしようとする理由をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)声が聞きたい

『耳に心地いい癒し系の声が寝る前に聴きたくなる!』(27歳/証券)
好きな人の声を聞くと安心しますよね。
特に用件はないけど電話をしたがるという場合は、単純にあなたの声を聞きたいという可能性があります。
彼はあなたに好意を持っていて、声を聞くだけで癒されるのです。
いい感じの彼であれば順調と言えますが、恋愛感情を抱いていない相手だと困りますよね。
その場合は、電話が苦手だから要件があればメッセージで伝えてほしいと伝えましょう。

(2)文章で伝えるのが苦手

『最近気づいたけど、電話の方が伝わりやすいし早い!』(27歳/広報)
自分の感情を文章で伝えるのが苦手な男性もいます。
会って話せば早いけど、物理的に不可能というときは電話に頼りがち。
用件だけ伝えてすぐに切ってしまうというときは、脈があるとは考え辛いです。
近況報告や雑談をするようであれば、脈ありの可能性も。

(3)寂しい

『なんか人恋しくなっちゃうんだよなぁ』(28歳/輸入)
電話をしたがる時間帯が夜遅いというときは、寂しさを埋めようとしている可能性があります。
元気になるなら相手をしてあげたいと思える彼なら問題ありませんが、迷惑な相手の場合もありますよね。
体目的で連絡をするような男性もいるので要注意です。

(4)会えるかどうかうかがっている

『まず電話してみて、相手も会いたいって思ってくれるかどうか探ります』(25歳/販売)
会いたいけど断られたらどうしようと考えている男性は、電話をすることが多いようです。
話していて相手の様子をうかがい、会えるかどうか判断しているのです。
会いたいと思う彼であれば、時間があることをアピールするのもおすすめ。


今回は、【男に聞いた】LINE電話をしようとする理由を紹介しました。
思い当たるものはありましたか?
基本的に、電話をかけてきてくれるということはあなたに好意があるということなので、ぜひ参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)