付き合っても長く続かないとお悩みの方におすすめ!
今回は、「ずっと大切にしたくなる女性」の特徴4つをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

(1)家庭的な一面が見えたとき

『お弁当作ってきてる姿とか、料理してるんだなって感じる瞬間ですね』(26歳/企画)

男性は、女性の家庭的な一面が見えると「いい奥さんになりそう」と感じます。
料理を作ったり、家事をしている姿をアピールするのがおすすめ。

恋人ではなく、いずれ家族になる人として意識するようになります。

家事を完璧にこなす必要はありません。
掃除や洗濯、料理、どれか一つでも楽しめるなら、それをどんどん磨いていきましょう。

(2)直すべきところを正してくれるとき

『注意をしてくれるから尊敬できるってことある』(26歳/通信)

なんでも肯定してくれるから、いいパートナーということではありません。
お互いがいい方向に向かうには、間違っていると思ったことは伝えましょう。

けんかではなく、話し合いをすることが重要です。
「私は○○だと思っているんだけど、どう思う?」と自分の意見を主張しつつ、相手の意見にも耳を傾けるのがポイント。

大人になると、正面からぶつかってくれる人は少なくなります。
長く連れ添うパートナーは、お互いを高めあえる存在でありたいものです。

(3)甘えさせてくれるとき

『泣いてもいいよって雰囲気だしてくれる彼女とは離れられません!』(29歳/公務員)

いつもはリードしてくれる彼も、時には甘えたいもの。
普段となにか違うなと感じたら、話を聞いてあげましょう。

隠さないで甘えてもいいんだよと言葉と態度で表してあげると、彼も心を開いてくれます。
一緒にいて楽しいだけではなく、ネガティブな気分のときも支えてくれる彼女こそ、大切にしたいと思えるパートナーです。

(4)感謝の気持ちを伝えてくれたとき

『いつまでもお互い言い続けていたい言葉ですよね』(33歳/コンサル)

ずっと一緒にいると、相手のありがたみを忘れてしまうこともありますよね。
そんなときに効果的なのは、何気ないことに感謝をすること。

普段なら特に何も言わないシチュエーションでも「ありがとう」と伝えるようにしましょう。
感謝をされると、もっと尽くしたくなるのが男性です。


今回は、「ずっと大切にしたくなる女性」の特徴4つを紹介しました。
実践したいものはありましたか?

長く愛されるための4つのポイント、ぜひ参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)