せっかくの彼とのデートも、コーデが残念だといまいち盛り上がりには欠けるもの。
彼女のひどいファッションばかりが気になってしまい、彼自身がデートに集中できなくなるからですね。

大事なデートの時間をブチ壊しにしないためにも、ぜひデートコーデ選びには慎重になりたいところ。
そこで今回は、彼女が着ているとがっかりする残念なNGコーデをご紹介していきます!

(1)デートのTPOに合わないコーデ

『レストランなのにジーパンとかないよね』(27歳/コンサル)

空気の読めないTPO無視コーデには気をつけましょう。
大事なディナーデートにカジュアルすぎるコーデで来たら、そもそもお店の方から門前払いを食らってしまうかもしれません。

そんな彼女のKY具合と世間知らずっぷりに、彼はすっかりドン引きしてしまうでしょう。

(2)柄物の相性が悪い

『大阪のおばちゃんか!!(笑)』(31歳/広告)

柄物アイテムをチョイスするときは、とにかく組み合わせに注意したいところ。
確かに柄物は扱いが若干難しくなるので、組み合わせに失敗している女性は結構多いもの。

例えば花柄同士を組み合わせてしまい、あまりにも悪目立ちすると、彼としても気にせずにはいられません。
デートに来て早々に、帰りたい……と思ってしまうでしょう。

(3)一つ一つのアイテムが一昔前のもの

『トレンカはたしかに今見るとちょっと古臭いかな』(29歳/歯科医)

一つ一つのアイテムが古臭い女性も、意外と多いです。
例えば少し前に流行った柄物パンツを履いていたり、足先にはトレンカが見えたり……

男性が見ても「いやそのアイテムはさすがに古くないか?」なんて思う服には、特に注意すべきでしょう。

(4)ヨレヨレな着古しコーデ

『カバンがよくあたるところが毛玉だらけとか、首元色褪せちゃってるとか、恥ずかしいよ』(25歳/企画)

着古している服は、生地がヨレヨレだったり、色あせていたりすることも多いですよね。
自分からしてみればそんなくたびれ感ももう慣れていることなので、意外と気づけません。

ですが他人が見れば結構目立ってしまうので、着古し感満載のコーデには気をつけてくださいね。
なんとなくみすぼらしい印象になってしまいます。


男性はやっぱりきれいでおしゃれな彼女と並んで歩いて、デートを楽しみたいもの。
残念コーデのせいで彼からすっかり愛想をつかされないよう、ぜひ服選びには注意していきましょう!

(恋愛jp編集部)