見た目がすべてではないにしても、誰がどう見ても違和感しかないNGファッションの女性は、男性ウケも悪いもの。
男性だってやっぱり、おしゃれで美意識の高い女性を連れて歩きたい気持ちはありますよね。

そこで今回は、男性が一緒に歩きたくないと感じるNGファッションについて解説していきたいと思います!

(1)季節感ゼロのコーディネート

『けっこう肌寒いのに生足出してるとか半袖とか、ちょっと隣歩くの恥ずかしいかな』(27歳/金融)

あまりに季節感のないコーディネートは、さすがに男性も「それはないでしょ」と思ってしまいます。

秋なのに肌寒そうに夏っぽい服を着ていたり、逆に真冬のコートを羽織っていたり……
そんな季節感のないコーデは普通に浮きますし、男性も一緒に歩いていて恥ずかしいはず。

(2)流行遅れファッション

『アムラー?!ってくらい厚底ブーツは流石におかしいよ』(30歳/通信)

流行遅れファッションも、さすがに男性もその遅れている感に気づいてしまいます。
例えば今の時代にカラータイツを履いていたり、もっと時代をさかのぼって厚底ブーツを履いていたり……

「いつの時代の人なの!?」とファッションセンスを疑いたくなるでしょう。
横で歩いていたら、思わず距離さえ取りたくなるかもしれません……

(3)痛々しい若作りファッション

『自分に似合うものがわかる人が大人だと思うな』(27歳/建築)

若作りな雰囲気がぷんぷん出ているファッションにも要注意。
例えば子どもっぽい原色カラーのTシャツや、フリルやレースがたっぷりついたスカートなど……

そんな子どもっぽいファッションが年齢不相応なことには、男性だって普通に気づきます。
正直、可愛いなんて感情は一切なく、ただただ痛々しいとしか思えないでしょう。

(4)毛皮のコートなどの成金ファッション

『ワイン片手にパーティーざんまいしてそうなスタイル、ちょっと距離置くわ(笑)』(32歳/コンサル)

毛皮のコートやヒョウ柄など、なんとなく成金的な雰囲気を感じさせるアイテムにも要注意。
気が強そうなイメージに、男性はすっかり引いてしまいます。

いくらおしゃれなアイテムでも、デートには着ていかないのが賢明です。


おしゃれの楽しみ方は確かに人それぞれですが、あまりに悪目立ちするようなファッションは、男性と歩くうえではNG。
さすがにこの子とデートするのは服装的に無理!と彼もすっかり引いてしまうでしょう。

(恋愛jp編集部)