敬意と好意って実は近いところにあるものなんです。
敬意から好意に変わることもありますし、敬意があれば好意が長続きします。

実は大切な尊敬の気持ち。
彼から持ってもらいたいものですよね。

今回は「どんな時に彼女を尊敬するのか」をご紹介します。

(1)芯がある

『しっかりと芯がある女性は魅力的だと思います』(27歳/金融)

「あ、意外と芯の強い子なんだな」って瞬間に尊敬の気持ちが生まれるようです。
譲るところは譲る優しさを持っているけど、信念はきちんと持っている、そんな女性は非常に魅力的に映るようです。

いざという時に自分の意見をはっきりと言えるように、自分の考えをしっかりと固めておいてもいいかもしれませんね。

(2)気遣いができる

『周りへの気遣いができる女性って素敵です』(28歳/広告)

自分の意見をしっかりと言えるけど、周りへの気遣いも忘れない女性、男性からすればパーフェクトウーマンです。

たとえば友達が多いというのは、人望があるということ。
その人となりを見る上での一つの重大なバロメーターになります。

自分本位ならず、周りへの気遣いを忘れないからこそ色々な人に好かれるわけです。
心を許した関係だからと言って、なあなあにならずに、彼に対して最低限の心遣いを忘れないようにしましょう。

(3)努力ができる

『自分の目指すものにむかってしっかり努力できる女性は魅力的ですね』(28歳/IT)

努力ができるって長所以外のなにものでもありませんよね。
中には怠け者の自覚がある方もいるかもしれません。

努力と言っても大それたものでなくて大丈夫。
自分のできる範囲でできることをコツコツ続ければいいのです。

あなたの性格や状況をよく理解してくれている彼だからこそ、その姿を称賛してくれることでしょう。

そしてその姿を見て彼も「頑張らなくっちゃ」といい刺激を受け取ることができます。
お互いを高めあえる関係作りをできることが、彼から尊敬されるポイントになるのです。

(4)仕事をバリバリする

『仕事をバリバリ頑張ってる女性って魅力的に見えます』(29歳/不動産)

家庭的な女性も魅力的ですが、バリバリ働くキャリアウーマンを尊敬する男性は多いようです。
何故かというと、仕事をしている男性からすれば同じ土俵であなたを見ることができるからです。

家庭的奉仕はどうしても評価されにくいものという一面があります。
ただ仕事という枠組みでしたら自分と比較して、あなたに正当な評価を下すことができるわけです。


彼が尊敬する自慢の彼女になって、彼をもっと惚れさせちゃいましょう。

今回上げた4つは自分のスキルアップにもつながります。
彼からの評価も、自分磨きも同時に叶えちゃいましょう♡

(恋愛jp編集部)