胸がキューンとしてしまうようなキスのシチュエーションってあると思います。
男性と女性で違いはあるのでしょうか?

今回は彼氏がされて嬉しくなっちゃうようなキスのおねだりの仕方をご紹介します。

(1)黙って見つめられた時

『黙ってじっと見つめられるとキスしたいのかな?って思ってドキッとする』(28歳/IT)

口に出さずともキスのおねだりってできるんです。
黙って彼の目をじっと見つめてみましょう。

一瞬目があったかな?と感じる時間は体感で1秒くらいです。
違和感を覚えるのが大体3秒前後と言われています。

つまり3秒間彼の目を見つめることで、その視線に彼は何かのメッセージ感じ取ります。
そこで「キス」の答えに導いてあげましょう。

(2)背伸びして顔を近づける

『背伸びして頑張ってキスしようとしてる様子が可愛い』(27歳/人事)

例外はもちろんありますが、大抵の男女は男性の方が背が高いですよね。
そうしたら背伸びして彼に顔を近づけちゃいましょう!

その「頑張ってキスしようとしてる感」がなによりも彼をキュンとさせるのです。
また身長差をあらためて実感させることで、「可愛い!守ってあげたいな」って思わせる効果もあります。

(3)目を閉じて待つ

『目を閉じてキスを待ってる姿にキュンとします』(26歳/SE)

ずばり「キス待ち顔」に男性はキュンとするものです。
「キスしたいんだけど言えないんだな……可愛い奴め」となるわけです。

キスしたい!でもそんなこと恥ずかしくて言えない!っていう、しおらしくて控えめなあなたの気持ちをくみ取って、彼もきっとチュッとしてくれるはずです。

(4)ドッ直球に「チューしたい♡」

『ストレートにチューしたいって言われるとドキドキする』(29歳/飲食)

素直に言葉にするのってとても大切です。
キスしたいなら言葉にして彼に伝えてみましょう。

男性は女性に比べて鈍感な生き物ですから、これくらいの直球勝負がちょうどいい時もあります。

また「キス」という言葉じゃなくて「チュー」というところにもグッとくるみたいです。
子どもっぽく甘えたおねだりに彼もキュンキュンしちゃうこと間違いなしです。

なんとなくキスは男性からしなきゃって思っている男性は多いもの。
そんな中、女性から積極的に可愛くおねだりされたら、断る男性は絶対にいません。


何も言わずに不意打ちでするキスもたまにはいいかもしれません。
ひと手間加えることで、いつもと違うキスを彼と楽しめるかも。

色々なバリエーションを駆使して、彼と色々なキスしましょ♡

(恋愛jp編集部)