いつもと違うあなたのギャップにうっとりしちゃう男性ってたくさんいるんです。
男性って本当にギャップに弱いものです。

男性に色っぽいと思われるギャップ4選をご紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね♡

(1)服装でのギャップ

『いつもきちっとしたスーツを着てる子が、カジュアルな私服だとグッとくる』(27歳/IT)

いつもと違うあなたの服を見た時に、色っぽさを感じるみたいです。
たとえばオフィスではきちっとしたスーツ姿なのに、オフの日に会ってみたらすごくカジュアル!みたいなギャップです。

ここぞの勝負の時は、普段彼に見せている服装と逆のパターンで責めてみるのがいいかも。

(2)メイクでのギャップ

『仕事のときは薄めのメイクなのに、休みの日はばっちりメイクしててドキッとした』(29歳/営業)

男性は女性ほど細かい所に気が付きません。
ですから「アイシャドウの色をブラウンからゴールドにしたの」とかの変化には気づきません。
メイクでギャップを出すなら、薄いor濃いの一択なんです。

普段薄めのメイクなら彼と会う時は濃いめに、濃いめのメイクなら薄めにという感じです。
ただ薄い濃いの判定は人によって結構バラつきがあります。

男性はどこで判断するかというと、ずばり「リップの色」です。

ベージュなどのナチュラルなリップが多いならパキッとした赤を付けてみてください。
そのギャップに男性は「おお!」となるはずです。

(3)髪形でのギャップ

『仕事中はまとめてる髪を下ろしてる姿をみるとドキドキする』(27歳/販売)

普段おろしているならアップに、まとめているならおろしてみましょう。

ただ男性は女性のうなじに弱いもの。
ですからギャップを出すなら普段はダウンスタイルで、ここぞという時にアップスタイルでうなじを見せつけましょう!

(4)香りでのギャップ

『休みの日に会ったらすごくいい香りがしてグッときた』(26歳/マーケティング)

職場では香りの強いものをつけるのはマナー違反だったりしますよね。
彼と職場が一緒だった場合は、二人きりの時にとびきりお気に入りの香水をつけましょう。

仕事終わりに突然デートの話が出るかもしれませんので、お化粧直しのポーチには香水をアトマイザーに入れて持ち歩くのがオススメです。

お化粧直しと一緒にシュッとひと吹きすれば、彼もそのフェロモンにメロメロになっちゃうこと間違いなしです♡


いつもとなんか違う!という「珍しさ」に男性は色っぽさを感じるようです。
自分がどんなイメージなのか、今一度考えてみてもいいかもしれません。

彼が珍しい!新鮮!と思うようなギャップを見せつけていきましょう!

(恋愛jp編集部)