流行は瞬く間に変化していくので、気がつくと乗り遅れてしまっていることもありますよね。
しかし、できることなら流行は常に知っておきたいという人が多いはず。
そこで、着てるとアウトな「流行遅れファッション」を4つご紹介します。

(1)ガウチョパンツ

『はやってるときはカッコいいスタイルだなっておもったけど、今見るとちょっと芋っぽい』(25歳/サービス)

ガウチョパンツは2015年頃から大流行したアイテムですが、今だとダサ見えしてしまうといわれています。
履き心地がよく、体型が隠れることから、多くの女性がコーディネートに取り入れていたガウチョパンツ。

しかし、最近では以前ほど履いている人は少なく、履いていると流行遅れな印象につながってしまうようです。

(2)ファートップス

『ゴージャスさが今の流行とはあってないかな』(27歳/証券)

ファートップスは、秋冬に着るとふわふわしていて触り心地がいいことから、以前は人気があったアイテムです。
しかし、最近ではファートップスを着ている女性はほぼ見なくなったという意見がほとんど。

インパクトがある旅行のアイテムは、その分流行遅れになるのも早いので、去年はやったからといって今年も着るのは避けるべきといえます。

(3)ビジュー付きトップス

『あまりにもたくさんみすぎて、安っぽく見えちゃう』(30歳/公務員)

ビジュー付きのトップスは、大人可愛いアイテムとして過去に人気を集めました。
しかし、そんなゴージャスなビジュー付きトップスは、最近流行していないことにお気づきでしょうか。

最近ではビジュー付きトップスは安く見えるとの意見もあるので、流行が終わったアイテムとして避けられつつあるようです。

(4)丈の長いカーディガン

『俺は短い方が可愛くて好きかな』(31歳/建築)

膝下の長さのカーディガンは、体型を隠すためのアイテムとして非常に人気を集めました。
しかし、最近ではそんな中途半端な丈のカーディガンは流行遅れになりつつあります。

長いか短いかはっきりしたほうが最近の流行に乗ることができるので、カーディガンを選ぶ際には丈には充分気をつけましょう。


着てるとアウトな「流行遅れファッション」を参考に、今後の流行に乗り遅れないよう注意しましょう。

(恋愛jp編集部)