センスがいいと思われるには、着こなしが重要なポイントになります。
たとえおしゃれなアイテムを選んでも、着こなしを間違うとダサ見えすることも。
そこで、なんか着こなせてない「ファッションセンスがない人」の特徴を4つご紹介します。

(1)サイズ感がわかっていない

『ピチピチ背中の肉が見えちゃってるとか残念』(26歳/広報)

自分の体型をきちんと理解していない人は、サイズ感がわかっていない傾向にあります。
特に、ジャケットや体にフィットするタイプのTシャツなどはサイズ感を間違うと太って見えることもあるので注意が必要です。
野暮ったい印象を与えないためにも、サイズ感は正しいものを選ぶよう心がけましょう。

(2)トレンドを勘違いして取り入れる

『トレンドのものだけ着てりゃいいってもんじゃないからね』(27歳/美容師)

トレンドを気にする人にとって、かっこいいと思われるような着こなしは非常に重要なポイント。
トレンドアイテムは一歩間違うとセンスがないと思われることにつながるので、コーディネートに取り入れるのが難しい傾向にあります。
そのため、トレンドアイテムを取り入れる際には上手に着こなすよう雑誌などを入念にチェックすることをおすすめします。

(3)色合いが変

『ワンポイントで差し色するとかけっこう大事なセンス』(32歳/教師)

いくらハイセンスなトレンドのコーディネートでも、色合いが変なだけで台無しです。
原色ばかりコーディネートに取り入れたり、逆に黒や白などのモノクロのカラーで統一すると、センスが悪いと思われてしまうことも。
そう思われないためにも、服を選ぶ際には色合いには充分注意するようにしましょう。

(4)清潔感がない

『ダメージすぎるジーンズとかちょっと苦手かな』(26歳/企画)

女性の中には清潔感がない男性よりなファッションを好む人がいます。
しかし、そうしたファッションは男ウケしない傾向。
そのため、男性にモテるには常に清潔感があるファッションを心がけることで、男ウケを意識することをおすすめします。


「ファッションセンスがない人」の特徴を避けることで、着こなしが下手だと思われないよう日頃から意識してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)