不器用な性格のせいで、なかなか彼に上手に甘えたりまっすぐな愛情表現ができない女性も多いのではないでしょうか。
まっすぐすぎる愛情表現が苦手なのであれば、さりげなさを感じさせながらもしっかりと愛情が伝わる方法で気持ちを表現してみましょう。
今回は、不器用な女性でも真似しやすい愛情表現についてご紹介します。

(1)目を合わせてにっこりする

『不意に目が合った時に、ニコッと微笑まれるとドキドキする』(27歳/サービス)

デート中に2人で過ごしている時や、共通の友人も含めて複数人で遊んでいる時でも、彼と不意に目が合うことがありますよね。
そんな時はただ目をそらすのではなく彼に微笑みかけてみてください。
すると彼は「自分だけに向けられた特別な笑顔」にとてもドキドキするのです。
言葉で何かを伝えるよりも、さりげない笑顔の方が気持ちがしっかり伝わることもあるということを覚えておきましょう。

(2)手紙で気持ちを伝える

『彼女からの手紙をもらうと気持ちが伝わってきて嬉しい』(28歳/広告)

彼にまっすぐと言葉で気持ちを伝えるのが難しいのであれば、手紙を書くのがオススメです。
彼の誕生日や、クリスマスなど、イベントごとのタイミングに手紙を書くと重くなりすぎず、自然な印象で気持ちを伝えることができますよ。
手紙を書くと彼に伝えたいことが整理しやすく、言いたいことを簡潔に伝えられるというメリットもあります。
可愛らしい便箋を選んで、彼に心からの気持ちを送ってあげてくださいね。

(3)しっかりと彼の話を聞く

『話をしっかり聞いてくれるのって、僕のことを理解しようとしてくれてるんだなって思って嬉しくなる』(27歳/人事)

女性はおしゃべりが好きな傾向があるため、つい自分のことばかり話しがちです。
しかし男性も、時には自分の話を聞いてほしいと思っています。
しっかりと彼の話に耳を傾けると、「彼のことを理解したい」と考えている姿勢を見せることができますよ。
そして彼はしっかりと話を聞いてくれるあなたに対し、「自分に心から寄り添ってくれる」と感じて深い愛情をもつようになるでしょう。

(4)彼の体を気づかう

『忙しい時に体調を気遣ってもらえるのって嬉しいですよね』(26歳/営業)

彼が仕事で忙しい時や体調を崩している時に、彼の体を気遣ってあげることもとても大切です。
疲れていたり体調を崩していると、どうしても精神的につらくなってしまい、誰かに支えてほしいという気持ちが強くなります。
そんな時にしっかりと自分のことを気遣ってくれる女性に対し、「いつでも自分のことを心配してくれる」と、とても嬉しくそして心強く感じるのです。

今回は、不器用な女性でも真似しやすい愛情表現についてご紹介しました。
まっすぐな愛情表現が苦手であっても、気持ちを伝える方法は他にもたくさんあるのです。
自分なりの表現で気持ちを伝え、彼との距離をよりいっそう縮めてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)