ふとした瞬間に会いたくある人っていますよね。

それは男性も同じことを思っています。
もしふとした瞬間に会いたくなる人が自分だったら、嬉しいですよね。

そこで今回は、男性が「不意に会いたくなる」女性の特徴についてまとめてみました。

(1)好きと思えることがたくさんある

『これ好きなんだよね、っていうのをたくさん聞いてると、思い出すことが増える』(28歳/飲食)

何気なく会話をしている中で、「私、これ好きなんだよね」「あ、これ気になってたんだよね」などと伝えておくと、好きと言っていたことが思い出され、自動的にあなたの顔を思い出します。

彼の頭の中であなたの出てくる回数が多ければ多いほど、あなたを思う時間が増えるだけでなく好意を持つようにもなります。

あなたの好きはいずれ相手も好きになるものかもしれませんので、たくさん好きなものを伝えるといいでしょう。

(2)同じものを見て一緒に笑う

『同じものを見て同じところで笑えると、楽しかった記憶として心に強く残ります』(27歳/広告)

好きなテレビ番組や映画など同じものを見て一緒に笑えるととてもいいです。

ポイントは一緒に見ることです。
一緒に見ることで楽しい思い出ができ、たとえひとりでその番組などを見てもその場面が思い出され、必然的にあなたを思い出すことができます。

一緒に過ごした時間を楽しい思い出を記憶することで、楽しかった場面を思い出させ、あなたを思う時間を増やしてくれます。

(3)弱さを見せたり、頼ったりする

『弱った時には頼ってくれると嬉しいし、大丈夫かなって気にかけるようになりますね』(29歳/コンサル)

彼の前では基本的には笑顔を見えることが大前提です。

しかし人間なのでいつも笑顔ができることはありません。
その時は弱さを見せたり、男性に頼ったりすることも必要になります。

男性は弱い部分を見せられたり、頼られたりすることが好きなので、たまにはそのような顔を見せることも必要です。
このような姿を見せることで気にかけてもらえやすくなります。

いきなり弱さを見せるのは難しいので、小さな悩みから打ちあけていくといいでしょう。

(4)真剣に心配する

『僕のことを本気で心配してくれてるのが伝わってきて、疲れてる時こそ会いたくなる』(28歳/企画)

「ムリしてない?」などの上辺だけの心配なら誰にでもできます。
そうではなくお母さんのように真剣に心配してみてください。

お母さんは言葉をかけずとも、顔や行動を見ただけでどのような状態がすぐわかります。

「顔色があまりよくなかったけど大丈夫?」など、相手のことをよく見ないとわからないことで声をかけてあげるようにしましょう。

そうすることで男性に「この人は俺のこと、よく見ていてくれている」と思ってくれること間違いなしです。

ですがお節介を焼くのはNGなので、ある程度の線引きは必要になります。


不意に思ってもらえる理想は反射的ですが、そうなるためには相当なインパクトがなければそう簡単にはいきません。

しかし意識することでその理想は手に入れることはできます。
「会いたいな」と思わせれるよう、興味付けすることを意識してみましょう!

(恋愛jp編集部)