人間ですから弱音を吐きたくなる時だってあります。
彼氏がもしあなたに弱音を吐いた時、どうするのが正解なのでしょうか?

ベストな対処法をお教えします。

(1)まずは話をよく聞く

『弱ってる時にしっかり話を聞いてくれるのは本当に助かる』(27歳/営業)

弱音を吐いている彼にすべきことは、まずすべてを吐き出させるということ。
彼の心が押しつぶされそうになっているのであれば、その原因を探る必要があるのです。

名司会者さながらに、相槌を打ってあげましょう。
「うんうん」と聞きつつ、「じゃあこれはこういうことだね?」といった感じで、散らばったパズルのピースをあなたが集めてあげるのです。

彼もたどたどしく話しているでしょうから、一つ一つ丁寧に状況を整理していきましょう。

(2)自分は味方であると伝える

『彼女が味方でいてくれるってことが心強い』(27歳/企画)

せっかく弱音を吐き出させても、批判的な姿勢ではいけません。
大前提として、問題を解決してあげたい気持ちでいること、絶対的な味方であると伝えましょう。

彼が心底打ちのめされていればいるほど、不安になっているはず。
もしかしたらあなたのことも信用できない精神状態になっているかも。

その不安を打ち消してあげるように、あなたの優しさで包んであげましょう。

(3)そのうえで解決策を考える

『話を聞くだけじゃなくて、一緒に解決策を考えてくれる彼女は理想ですね』(26歳/マーケティング)

ここまで話を進めていけば、彼もだいぶ冷静になっているはず。
どうしていきたいのか、どうするべきなのか彼の考えを聞いて、そのうえでベストな答えを一緒に探してあげてください。

彼にもし非があるのであれば「それはだめ」という言い方ではなくて「こうした方がもっと良くなるんじゃない?」という感じで、プラスの言葉で言い換えて伝えましょう。

(4)話してくれてありがとうと伝える

『話してくれてありがとうって抱きしめられると、心身ともにすごく癒されますね』(29歳/建築)

弱音を吐くのは、あなたを信頼している証です。
話が終わったら「話してくれてありがとね」と彼に伝えましょう。

そしてハグなりキスなりで彼を癒してあげましょうね。
彼は心身ともに疲れきっているかもしれません。

あなたの愛情を強く感じることで、失った自信を取り戻してくれるはずです。


彼だって弱音を吐きたくて吐いているわけではないのです。
吐きださないといられないくらいにツライ状況に追いやられているということを、理解しなければいけません。

窮地の場面だからこそ、上手な対応をして彼を元気にしちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)