か弱く、支えてあげないといけない、と思わせる女子は、男性からもかなりモテます。
そこで、この記事では「俺が守ってあげなきゃ!」と思わせる女性の特徴をご紹介します。

(1)強がりだけど意外と弱い女性

普段は強がっているけど、意外ともろい…と、いった、ギャップがある女性にキュンとするようです。
好きな人の前でだけ、少し弱っている姿を見せれば…彼も「か弱いんだ…守ってあげなきゃ」と思ってくれるはず。

ただ、か弱い部分の見せすぎには注意してくださいね。

(2)泣きたいのを我慢する女性

本当は泣きたくて、目にも涙が溜まっているのに、それでもなお泣き顔を見せないようにする健気な表情に、男性は弱いです。
これは、うれし涙でも悲しい涙でも同じこと。

泣き顔を見せるのが恥ずかしい…という方もいると思いますが、感情に素直になりつつ、ちょっとだけ我慢して、泣き顔を演出するのもおすすめです。

(3)虫やお化けを怖がる女性

怖がっている女性を前にすると、「守ってあげなきゃ!」と本能的に感じる男性も多いです。

特に、普段はクールな人がお化けや虫を怖がるのは、ギャップ萌えで人気が高い傾向にあります。
「実は怖がり」な人は、恥ずかしがらずに素の自分をさらけ出すと、彼のハートをつかめるかも。

(4)ちょっとだけドジする女性

ドジだったり、ちょっとだけおまぬけな女性も、「俺がついていなきゃなぁ」と男性が思いやすいです。
また、自分で何でもできる女性でも、たまにする凡ミスやおっちょこちょいを見て、「意外と抜けてるんだ。かわいいなぁ」と思ってもらえます。

失敗やドジを恥ずかしいな~と感じるかもしれませんが、男性から見ると実はキュンとしていることも多いので、ラッキーぐらいに思っておきましょう。

ちょっとだけか弱い女性になってみよう

何かを怖がったり、ドジだったりと、少し「恥ずかしいな…」と思うことでも、男性から見ると「守ってあげたい」と思うことが多いです。
恥ずかしがって隠すのではなく、少しだけそういった面が垣間見えると、守りたくなる女性に近づけますよ。

(恋愛jp編集部)