本命の女性には、男性はとにかくいい意味で変えてきます。
その変化はもちろんLINEにも表れ、好意的なLINEをもらったのなら脈ありの可能性は大です。

そこで今回は、男性が本命女子にしか送らないLINEについて解説していきたいと思います!

(1)小さなことでも褒めようとする

『褒めて褒めて、俺の好きが少しでも伝われ!って』(27歳/証券)

好きな人のことを褒めちぎることは、まさに恋愛成就のうえで欠かせないテクニック。
LINEなら人目もありませんし、LINEで男性が褒め言葉を口にするようならかなり積極的です。

小さなことでも褒めてくれたり、見た目を褒めてくれたり……とにかく褒め言葉が多いなら、彼にとってあなたは本命の可能性大。

(2)自分の頑張っていることを話す

『こんなこと頑張ってるって知ったら少し見直してくれるかもって思って』(30歳/輸入)

男性は、女性の前ではかっこつけたいという心理を多かれ少なかれ持っています。
特に自己主張が強いタイプの男性などは、よりその心理が強いと言えるでしょう。

そんな男性は好きな人とLINEしているときは、今頑張っていることや過去にやってきたことを得意げに話します。
ちょっとした自慢話に見えて面倒臭い印象を抱きがちですが、それはもしかすると彼なりのアプローチなのかもしれません。

(3)返信は早すぎず遅すぎず

『俺とのLINEが負担にならないように気をつけてます』(26歳/人事)

男性は、本命として好きな女性のことはとにかく大切にし、しっかり気遣いを見せます。
返信は早すぎず遅すぎず、相手にとって嫌でないやり取りを心がけることは多いでしょう。

「ひまなときに連絡くれればいいからね」などの気遣いが見えるときなども、彼の本命になれている可能性が高いです。

(4)用がなくてもLINEをくれる

『なんでもない人には、用事がない限り連絡しません』(33歳/美容師)

男性はLINEに対しては結構合理的なので、基本的には用がなければLINEはしません。
ですが本命女子が相手となれば、話は別。

彼としてはやり取りしたくてたまらないので、用がなくても連絡をくれることは多いです。
「用はないんだけどね~」なんて笑いながらLINEをくれるなら、あなたは彼の本命なのかもしれません。


男性の脈ありサインは、実はLINEでは結構分かりやすいもの。
なんだか最近、LINEで彼がかなり好意的……と思ったら、あなたは彼にとっての本命女子なのかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)