遠距離恋愛の場合、何よりも日々のコミュニケーションが大事になってきます。
ですが電話を毎日するのは難しいですし、そんなときこそLINEは大活躍してくれます。

でも、LINEもただ続けているだけでは、なんとなくマンネリしてしまうもの。
そこで今回は、彼の心をつなぎとめる遠距離LINEテクについて解説していきたいと思います!

(1)それでも日々の挨拶は大事

『1日の始まりと終わりは必ず彼女のLINEって、なんか嬉しい』(28歳/営業)

それでもやっぱり、日々の挨拶はとても大事なものです。
「おはよう」や「お疲れ様」、「おやすみ」などの挨拶をおろそかにしては、絆はどんどん薄まるばかり。

離れているからこそ、毎日の挨拶は大事にして、遠距離でもしっかりつながり合っている感を彼に感じてもらいましょう。

(2)突然の「好き」LINE

『会えなくてもやっぱりお互い好きだって気持ちがあるんだなってキュンとします』(27歳/総務)

そろそろLINEもマンネリ気味と思ったら、突然のメッセージで彼の気を引いてみましょう。
いきなり「好き」という言葉をもらえば、彼もドキッとします。

同時に、可愛くて素直な彼女にキュンとして、会いたい……と恋しい気持ちを募らせるはずです。

(3)ボイスメッセージでドキドキ感アップ

『何気ない今日嬉しかったことでも、声が聞けてすごい幸せ』(30歳/金融)

ボイスメッセージで、さらにドキドキ感をアップさせるのもおすすめです。
電話するのは大変だけど、ボイスメッセージなら……と思える人は多いはず。

遠距離だからこそ、声が聴きたいと思うときはたくさんあるでしょう。
何気ない一言のメッセージでも、何度でも再生したなるくらい彼には喜ばれるはずです。

(4)たまにはLINEで思い出を振り返ってみる

『写真も時々アルバムにしてるし、そういうの見ながら思い出すとその時の気持ちも思い出せていいですね』(32歳/建築)

遠距離で関係が壊れそうで不安なら、まずはLINEで思い出を振り返る時間を作ってみましょう。
「たまたま思い出して懐かしくなったんだよね~」と伝えつつ、昔のLINEを見返したりしながら思い出話を楽しんで。

お互いの大切さをより実感できる瞬間になることは間違いなしですね。


遠距離恋愛中は、本当にこれから心の距離が離れていかないかどうか、心配でなりませんよね。
ですがそれは相手も同じ。

ぜひLINEの送り方一つから工夫をプラスして、お互いに離れていてもつながりを意識できるメッセージを送っていきましょう!

(恋愛jp編集部)