気になる彼にLINEをしても、なかなか既読がつかなかったり、返信がかえってこなくてモヤモヤしてしまうことがありますよね。
実はその原因はあなたのLINEの仕方にあるかもしれません。

今回は、男性が「読む気になれないLINE」の特徴についてご紹介します。

(1)長すぎる

『少し返信できなかった時に、言いたいこと一気に長文で送ってきた時は読む気になれませんでした』(34歳/飲食)

彼に丁寧なLINEを送りたい気持ちが強すぎてしまい、とても長いLINEを送っていませんか?
何度もスクロールする必要があるほどに長いLINEは、読むのが面倒で返信するのも煩わしく感じてしまいます。

LINEを送る時は、4〜5行程度で一つのメッセージをまとめるように心がけ、読みやすさに配慮してみましょう。
すると彼の既読もつきやすくなるかもしれません。

(2)話がコロコロ変わる

『なんか噛み合わないなぁと思ったら話題変わってたんかい……』(27歳/金融)

LINEで話している時に、突然話題を何度も変えていませんか?
あまりにも話題がコロコロと変わると、男性は話題についていけなくなり、LINE自体をめんどくさいと感じ始めてしまいます。

あれもこれも話したいからと言って、急に話題を変えすぎるのはやめるべきです。
お互いが話しやすいテンポを心がけてLINEを楽しみましょう。

(3)日記のような内容

『SNSでかけばいいんじゃないかな?』(25歳/SE)

彼に話しかけるというよりも、自分の1日についてまとめた日記のようなLINEも男性から嫌がられてしまいます。
日記のようなLINEは、どのポイントについて返信すれば良いかも判断しづらく、読むのもとても面倒です。

LINEを送信する前に、そのメッセージを受け取った相手がどう感じるかを客観的に判断するよう心がけてくださいね。

(4)ポエム

『なんか読んでて恥ずかしくなってきたわ(笑)』(31歳/通信)

改行を何度も入れたポエムのようなLINEも、男性は読む気になりません。
このようなLINEは自分に酔っているかのような印象で、男性にドン引きされてしまうのです。

LINEは簡潔に、相手が返信しやすいメッセージを送ると、やり取りが続きやすくなりますよ。

今回は、男性が「読む気になれないLINE」の特徴についてご紹介しました。
彼とのLINEのやり取りを続けたいのであれば、相手にきちんと配慮したLINEを送ることがとても大切です。

自分のLINEを見返して、相手に与えている印象についてもう一度考えてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)