好きな男性とは長くLINEを続けたいもの。
ですが実際どう返信すればいいのか迷うこともあるのではないでしょうか?

今回は、男性が「やり取りを続けたくなるLINE」のご紹介です。

(1)男性の得意分野

『得意分野の話題だと話しやすくていいですね』(27歳/営業)

まずは男性が話しやすい得意分野の話題を振りましょう。
職業、出身大学、趣味などさまざまな情報から得意分野が把握できます。

また男性は自分の得意なことを聞かれると嬉しく感じるものです。
あまり詳しくない分野でも大丈夫。
興味があることを伝えて深掘りしていきましょう。

(2)興味のある話題を共感

『僕の好きなものに共感してくれると距離が縮まった感じがします』(29歳/コンサル)

男性がどんな話題に興味があるのか知り、その気持ちに共感できるとかなりポイントが高いです。

たとえばグルメ好きな男性だったら「あのお店美味しいよね」と共感したり。
音楽好きな男性だったら「あのアーティストの曲いいよね」と共感したり。

同じものを好きだと価値観が合う感覚になります。
この回数が多ければ多いほど、心の距離も縮まると言われているのです。

(3)言葉がけ

『何気ない一言がすごく嬉しい時ってあるし、距離を縮めるためには声をかけることって大事だよね』(27歳/サービス)

何気ない言葉がけが親しくなるためにはとても大切。
「お疲れ様」「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」などの言葉はしっかりと伝えましょう。

慣れてくると用件を先に伝えてしまうこともよくあります。
内容を伝えるだけでなく、こうした言葉もしっかりと盛り込むと丁寧な印象になりますよ。

(4)シンプルで読みやすい

『シンプルなLINEの方が読みやすくて返信もしやすい』(29歳/金融)

やり取りの続けやすさは好印象だけではありません。
そもそものLINEがシンプルで読みやすいと返信しやすくなるのです。

LINEが長文になる場合、気持ちを伝えようと言葉を盛り込みすぎている可能性があります。

要点は何なのか、一番伝えたい気持ちは何なのか。
こうしたポイントを絞ってシンプルで読みやすいメッセージになるようにしましょう。


やり取りの続けやすさはコミュニケーション能力に直結します。
今回ご紹介した内容はLINEだけでなく直接のやり取りでも応用できるでしょう。

男性が「もっと話したい」「もっとLINEしたい」と感じる女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)