今回は女性が男性に送ってしまって後悔するLINEを4つご紹介します。
こういったLINEの後にごめんねなどと来たら本気で後悔している可能性が高いので、許してあげる寛容な心が必要かも?

(1)他の人の悪口

『勢いで悪口を言ってしまって、すぐに凄く後悔した……』(27歳/営業)

悪口というのは言っている間は言っている人が気持ちいいだけのもの。
聞いている人からは何もおもしろくありません。

ですが相手も人間。
ふとした時に出てしまうかも。

もし謝ってきたら許して、もうしないように優しく伝えましょう。

(2)男性のことを深堀りする内容

『好きだからついつい詮索しちゃったけど、冷静になったら気持ち悪いかも……って激しく後悔』(28歳/広告)

彼に好意があるからこそ聞いてしまうのが、こちらのようなLINE。
彼女いるの?や今どこ?など、翌日後悔してしまいがち。

深夜のテンションで聞いてくる可能性もあります。
昨日はごめんと言われたら、素直に許してあげたいものです。

(3)酔ってしつこく言ってしまう

『酔っぱらって同じことを何度も何度も言ってしまって、酔いが冷めてから後悔しました』(27歳/デザイナー)

酔ってしまうと、その人の本性が顕になります。
酔ってしまうと饒舌になるとは言いますが、実際はそれがその人の本性。

なにか悪口を酔って吐き続ける人は、素面になると後悔しているはず。
しかしの心の奥底がそういう人間であるということなので、注意が必要。

(4)下ネタ

『深夜のテンションで思わず下ネタを話してしまったけど、見返したら恥ずかしく後悔した……』(28歳/販売)

深夜のテンションと言えば下ネタ。
ついつい昼間では到底口に出せないような、恥ずかしい話をするはず。

男女問わず、朝見返すと大後悔します。
誰しもあるものだと思って寛容に捉えてあげましょう。


誰にだって後悔することはあるはず。
その時に余程のことでもない限り許す心が大切。

そうしないと、自分が後悔した時に助けて貰えませんよ。

(恋愛jp編集部)