あれ?また既読スルーされちゃった……なんて落ち込んでいるあなた。
それは男性が返信しづらいLINEを送ってしまっているからかもしれません。

今回は女性が男性に送りがちな「癖強めLINE」についてお伝えします。

(1)夜に返そうと思っていたのに……LINEが取り消されている

『すぐに返信できなかったからって、送ったメッセージを取り消すのはやめて』(27歳/営業)

すぐに返さなかったけど……だからって消さないでほしい。
よほどせっかちなのか、告白のような恥ずかしい内容だったのか……いろいろ想像してしまいます。

この想像する作業は取り消されていなかったら発生しなかったのです。

面倒だなって感じちゃう。
心がいちいちかき乱されてしんどくなります。

(2)今度一緒にご飯食べに行かないかにゃん?

『にゃんって……。一気に引いちゃいます』(28歳/建築)

ちょっと気になっていたから、普通に誘ってくれたらもっと嬉しかったのにな。
「今度一緒にご飯食べにいかないかにゃ?」なんて誘われ方するとちょっとひっかかる。

LINEでは「にゃ」とかいう子だったんだ……。
もう引いてしまっている彼の答えはNOでしょうね。

明らかに距離感も間違っています。
いきなり距離を縮めようとしても逆効果ですよ。

(3)LINEの文章が長すぎ!

『文章が長すぎて読むのが面倒』(28歳/広報)

女子って好きな男子へのLINEは言いたいことを詰め込みたくなっちゃうんですよね。

LINEの文面に魂こめすぎるんです。
そのせいですさまじく長くなってしまうことがある。

男性にとってあまりLINEの文面には大きな意味をもたないことを理解しておくことが必要です。
長すぎる文面はよほどあなたのことが好きでもない限り読んでもらえないと思っておきましょう。

(4)職場の愚痴

『職場の愚痴なんか聞かされても面倒だしやめてほしい』(26歳/SE)

職場で嫌なことがあったときって、すぐに誰かに聞いてほしいですよね。
でもその相手を男子に求めてはいけません。

あなたに共感してくれて理解してくれるのは同性の友人です。
男性に話しても、面倒がられるうえに共感ではなく解決策を提示してくれるのであなたの心は満たされることはありません。

あなたは愚痴っているだけでも、彼は繊細な問題としてとらえる場合もあります。
そうなると適当には返信できないので、その場は既読スルーされてしまう可能性があるのです。


癖が強めのLINE、送ってしまっていませんか?
返信に気を遣わせてしまうのがキッカケでどんどん返信を面倒に感じさせてしまうのです。

とはいえ親しくなってくるとついつい甘えが出て送ってしまう……気をつけなければいけません。

(恋愛jp編集部)