彼との喧嘩はできるだけ早めに解決したいですよね。
とはいえどちらも意地張ってしまってなかなか喧嘩をする前のように戻れないことも。

顔を合わせづらいならLINEがあるじゃない!「仲直りLINE」の正解例を紹介します。

(1)会いたいよ……会って仲直りしよ?

『彼女の方から会いたいって言ってもらえると、こっちも素直になれますね』(26歳/事務)

彼だっていつまでも喧嘩していたくない!仲直りしたいはず。
でも素直になれないでいるんです。

だからあなたのほうから「会いたいよ……会って仲直りしよ?」って言ってあげて。
あなたから素直になることができたら彼だって少しは素直になれるはずです。

喧嘩って二人の成長のためには避けては通れないもの。
だから喧嘩してもすぐに仲直りしてもっともっと素敵な二人になりましょう。

(2)ごめんなさい……私が悪かったと思ってる

『悪いと思った時にきちんと謝れる子は素敵ですよね』(27歳/公務員)

あなたが悪かったと思うなら、なるべく早く謝罪してください。
そのほうが長引かず、仲良しに戻ることができますよ。

謝ると決めたなら、簡潔に謝って言い訳などはしないようにしてくださいね。
言い訳をしてしまうぐらいなら謝らないほうがいいです。

あなたの中で心から「彼氏に悪いことをしたな……」って感じているなら言い訳なんて出てこないはず。
「ごめんなさい……私が悪かったと思ってる!」って心から謝りましょうね。

(3)どうしてるの?心配……連絡ください

『心配させてしまって申し訳なかったな……って思って連絡とる気になる』(27歳/広告)

彼が完全に気分を害してしまったら、もう謝罪の言葉も心に響かない可能性が。

あなたが何度連絡をしても既読さえつかない日々が続くこともあるでしょう。
相手が向き合う気持ちがない限り、この喧嘩は長引いてしまいます。

でもあまりにも連絡がないと心配になっていきますよね。
だから喧嘩のことはとりあえず横に置いておいて心配LINEを送ってみましょう。

「どうしてるの?心配だから連絡欲しいです!」
そうLINEすると心配させてしまったことに焦って連絡をもらえるかもしれません。

(4)毎日連絡している時間に連絡できないの寂しいよ……

『いつも連絡してる時間に連絡で来てなくて、寂しそうな彼女から連絡がきたら仲直りしなきゃ!って思います』(28歳/経営)

ルーティンでいつも決まった時間に連絡していたのだとしたら……。
彼からの連絡が途絶えるとすごく寂しい気持ちになりますよね。

それはそのまま伝えたほうが彼に響きます。
だって彼もきっと同じ気持ちのはずだから。

「毎日連絡している時間に連絡できないの寂しいよ……」
このLINEがキッカケで彼と仲直りできるかもしれませんよ。


仲直りするためには素直になることが大切。
あなたがまったく悪くないのなら謝る必要はありませんが、彼だって意地を張っているのかも。

もう仲直りLINEを送信してあげて!心の中ではきっといっぱいあなたに謝罪していますから。

(恋愛jp編集部)