寒い冬に向けてあったかいアウターが欲しくなる季節ですね。
ただあったかいアウターってどうしても着膨れして見えてしまうもの。

体型が気になるあなたも、濡れ衣を着せられたくないあなたも必見!
着膨れして見えないコーデを紹介しますので、参考にしてみてください。

(1)ダウンコート

『ダウンコートって結構気太りして見えるからコーディネートを考えた方がいいかも』(26歳/広告)

ダウンコートってあったかいですよね!
冬にぴったりですし、いろいろなカラーがプチプラで手に入るので、持っている方も多いのでは?

ただダウンは着こなしを間違えると、ダルマのようになってしまうんです。
そんな時は上半身と下半身でメリハリをつけましょう。

タイトスカートやスキニーパンツにヒールを合わせれば、全体的にバランスのいいコーデに仕上がりますよ。

(2)ノーカラーコート

『ノーカラーコートって上品な大人女性って感じで好きです』(28歳/広報)

シンプルで使いやすい大人っぽいアイテム、ノーカラーコート。
ただどうしてものっぺりした印象になりがちなので、中に着る服で工夫しましょう。

リブのぴったりタートルニットに、ふんわりスカートを合わせるのはいかが?
上品だけど女らしさも忘れない、キレイ目スタイルの完成です!

(3)ダッフルコート

『ちょっと子どもっぽいかもしれないけど、可愛らしいアウターだと思います』(26歳/マーケティング)

可愛らしいアイテムですが、幼くカジュアルな印象になりがちなのがダッフルコートです。
そんな時はトップスとボトムスのカラーを合わせたワントーンコーデでまとめましょう。

ダッフルコートの前はあえて閉めず、羽織る感じで着ましょう。
チラッと見えるワントーンが縦長効果を出してくれ、すっきりと大人っぽいスタイルに見せてくれますよ。

(4)チェスターコート

『可愛いし大人っぽくて、彼女が着てたらいいなって思います』(27歳/人事)

可愛くてあたたかく、どんなスタイルにもマッチする定番アイテム、チェスターコートです。
コートの色とボトムスの色を合わせて、重心を上に持ってくるコーデがオススメ!

ボトムスをハイウェスト気味にして、トップスはインすれば更に足長効果も抜群です。
首にさらっとスカーフを合わせれば、オシャレ度も着痩せ度もアップします!


着痩せのポイントはメリハリにあります。
まずはボリュームを上に置くのか下に置くのか決めましょう。

締めるところは締める!の鉄則を守ることで簡単に着痩せコーデができちゃいますよ。
あたたかさも、着痩せも手に入るなんて夢のようですよね!

今年の秋冬はぜひトライしてみてください♡

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。