彼氏ができると毎日LINEしていたいって思う女子けっこういますよね。
でも彼氏が理想とするLINEの送り方はあなたとは違うかもしれません。

彼といつまでもラブラブでいるために、彼へのLINEの送り方に気を配りましょう。

(1)愚痴や悪口は送らない

『愚痴とか悪口ばかり聞かされるのってしんどい』(27歳/広報)

いくら彼氏になったからって愚痴や悪口を言いすぎないようにしなければいけません。
少しぐらいなら聞いてくれるかもしれませんが、いい気がしないものです。

一日の終わりは楽しく終えたいものです。
いつまでも愚痴や悪口に付き合ってはくれませんよ。

また男性は愚痴や悪口を聞いて解決の糸口を見つけてくれようとするはず。
でも女性は聞いてもらえるだけでいいんですよね。

解決は求めていないのです。
それが男性には理解できない……「聞く意味ある?」となるのです。

(2)LINEの返信がなかなか無くても文句を言わない

『忙しくて返信できない時もあるから、怒らないでほしいです……』(28歳/広報)

LINEの返信がなかなかない……既読無視ですか。
不満がたまっていってついつい文句を言ってしまうこともあるかもしれません。

でも男性にとってLINEは急かされるものではありません。
自分のタイミングで返せる、もっと心地のいいもののはず。

それをわざわざあなたがLINEに対して苦痛を与えているのです。
気長に待ちましょう!彼には彼の連絡ペースというものがあるのです。

(3)ダラダラ長いLINEを送らない

『ダラダラと長文のLINEが送られてくると返信が面倒になってしまう』(27歳/企画)

男性へのLINEはわかりやすく端的にがポイント。
ダラダラ長いLINEを送ってしまっては既読無視される確率が高まります。

言いたいことを詰め込みすぎず、少しずつ小出しに送信すればいいのです。
LINEの魅力はメッセージのラリーなのですから。

言いたいことは一つだけにして短い文章で送りましょう。
できるだけ早く返信をもらいたいなら、送る側の配慮が必要です。

(4)おはよう、おやすみLINEを送る

『毎日挨拶のLINEがくると嬉しいし、返信にも困らないから助かる』(26歳/営業)

LINEを苦手とする男性もいます。
そんな男性にとって、文面を考えることはできればしたくない作業。

だから「おはよう!」や「おやすみ!」など挨拶LINEだけはしようと約束しましょう。
何もLINEをもらえないのってLINEが苦手だってわかっていても寂しいものです。

挨拶LINEならあなたもLINEをもらえて嬉しいし、彼も文面を悩む必要がありません。

それにLINEが苦手な男性は通話をしてくれるのではないでしょうか。
LINEのやり取りが叶わなくても彼の声が聞けるのは嬉しいですよね。


あなたの理想ばかり押し付けていませんか?
何言われても苦手なものは苦手だし、返信を強要されるのはストレスでしかありません。

彼との距離感をはかり、彼に合わせた「LINEの送り方」をするほうが彼との仲は深まりますよ。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー