自分ではきちんと考えて組み合わせたコーデのつもりでも、垢抜けない印象に見えてしまうこともありますよね。
垢抜けない印象に見えてしまう理由はどこにあるのでしょうか?

今回は、ダサいと思われてしまう垢抜けない服装についてご紹介します。

(1)髪型が手抜き

『せっかくオシャレな服装なのに、髪形が適当すぎて残念』(27歳/保育士)

垢抜けたい気持ちが強くなりすぎて、服選びにばかり目がいっていませんか?
ファッションは、全体のバランスがとても大切です。

そのためどんなに服のコーデがまとまっていても、髪型が手抜きの場合、一気にダサい印象になってしまいます。
服のコーデとバランスのいい髪型を意識し、ヘアスタイルを整えるのも忘れないようにしてくださいね。

(2)服のシワが目立つ

『どんなに可愛い服でもシワだらけだとガッカリ』(27歳/IT)

アイテム自体はとても素敵だったとしても、シワが目立ってしまうと洗練された印象には見えません。
着用する前に、シワがないかをきちんとチェックし、シワがある場合は丁寧にアイロンをかけるようにしてください。

シワがなく綺麗に整えられたアイテムを着用していると、大人の余裕を醸し出して相手にいい印象を与えることができますよ。

(3)メリハリがない

『全体的にゆるめのアイテムで揃えてると、なんとなくだらしない印象に写る』(27歳/建築)

おしゃれに見せるためには、メリハリをつけることもとても大切です。
全体的にゆるっとしすぎたシルエットのアイテムを着ていると、まとまりがなくだらしない印象になってしまいます。

トップスをコンパクトにまとめたときは、ボトムスをゆるいシルエットのものにしてみるなど、メリハリを意識したコーデを心がけましょう。

(4)服が古くてヨレヨレ

『どんだけ着古したの?ってくらいヨレヨレの服は残念な感じだね……』(28歳/不動産)

あまりにも長年に渡り同じアイテムを着用していると、生地の傷みが目立ってヨレヨレに見えてしまうことがあります。
ヨレヨレのアイテムばかりを着ていては、おしゃれに見えるはずがありませんよね。

頻繁に新しい服を買い足す必要はありませんが、毛玉が付着していないか、ヨレヨレ感がないかはきちんとチェックしてから着るようにしてくださいね。

今回は、ダサいと思われてしまう垢抜けない服装についてご紹介しました。

きちんとアイテムをケアしたり、バランスを意識することで、一気に洗練された印象になるはずです。
自分のファッションをもう一度振り返って、洗練された大人のスタイルを目指しましょう。

(恋愛jp編集部)