デートも、もちろんただ行くだけでは、お互いに楽しめるものではありませんし。
とくに男性は、一緒にいて楽しい女性といいムードでデートをしたいところ。

一緒にいてつまらないデートになりやすい女性は、残念ながら次に誘ってもらえる可能性は薄いです。
そこで今回は、男性につまらないデート認定される女性について特徴を解説していきたいと思います!

(1)話がつまらない

『話しててもつまらない、まったく話題を振ってくれない子はちょっと嫌だな』(28歳/販売)

デート中は、たくさん話をするでしょう。

そんなとき相槌を打つだけ、ただ話を聞いているだけ……そんな女性と一緒にいて、男性が楽しいと思うでしょうか?
当然、この子とはもうデートしたくないな……と思われて終了です。

つい話を聞くときに受け身になりがちな女性は、せめて楽しそうに、前向きに話を聞くことくらいは意識したいところです。

(2)ただついてくるだけ

『行きたいところもしたいことも何も提案せずに、ただ黙ってついてくる……。全然楽しくないです』(26歳/商社)

ただついてくるだけ、という対応にも要注意。
とくに行きたいところも名言せず、「○○君に合わせる」という主体性の無さは、男性を萎えさせます。

「ムリに付き合ってきてるのかな……?」と思われても仕方がないでしょう。
いくら彼が考えたデートプランとはいえ、ただ受け身でいるだけではつまらない認定される一方です。

(3)ご馳走してもお礼を言わない

『奢るのはいいけどさ、せめてお礼くらい言ってくれない?』(29歳/建築)

女性として、ご馳走してもらってもお礼を言わないのは最悪なパターン。

お会計のときも何もせずただぼーっと突っ立っているだけ。
そんな対応を見たら、男性も「せめてお礼くらいは言ってほしいんだけど……」と正直感じてしまいます。

(4)リアクションが薄い

『なにしてもリアクションが薄くて、一緒にいてもつまらない』(27歳/不動産)

そもそもデート中のリアクションが常に薄いのはNGです。
何をしていても「へー」「そうなんだ~」くらいのリアクションしか返ってこなければ、男性もつまらないですよね。

自分の考えたデートプランに対しても自信を失いますし、間違ってもまた一緒に来たいとは思わないでしょう。


デートに行くときは、最低限、一緒にいて相手が楽しいと思う対応を心がけるのが鉄則です。
相手にデートに誘われただけで安心し、リアクションをサボってしまわないよう注意してくださいね!

(恋愛jp編集部)