相思相愛のラブラブなカップルになれることは、まさに誰にとっても理想のこと。
彼のことを大事に思うなら、彼がわかりやすくその気持ちを実感できるくらい、普段から彼に愛情を注いでいきたいですよね。

そこで今回は、男性が彼女に愛されてるなぁと感じる瞬間について解説していきたいと思います!

(1)献身的に看病してくれたとき

『体調をくずした時に、献身的に看病してくれる彼女に惚れなおしました』(27歳/営業)

彼女から献身的に看病してもらったときに、やっぱり愛されてるなぁと実感する男性は多いです。
風邪や病気のときは誰だって不安になりやすいですし、そんなときこそ愛情はより強く伝わるもの。

女性らしく丁寧に看病してくれるその姿に、彼は幸せな気持ちを覚えずにはいられないでしょう。

(2)笑顔で見送ってくれたとき

『朝、笑顔で見送ってくれる彼女を見て、俺って愛されてるなって感じましたね』(27歳/公務員)

仕事へ行く際、笑顔で見送ってもらったら、それだけで男性は「愛されるなぁ」と感じてしまいます。
嫌な仕事でも、彼女の「いってらっしゃい」の笑顔を見るだけで、気持ちはまったく嫌ではなくなります。

愛されてるなぁと実感すると同時に、仕事を頑張るやる気も一気に彼の中では湧いてくるでしょう。

(3)体調を気遣ってくれたとき

『彼女の体調を気遣ってくれる一言に、ものすごく愛情を感じる』(29歳/経営)

普段の「大丈夫?」「ムリしないでね」の何気ない一言も、男性を癒す大事な一言です。
そんな気遣いたっぷりの優しい彼女の一言に、男性は「愛されてるなぁ」と実感するもの。

気遣いのできる彼女は、男性にとってまさに理想の彼女。
このままずっと一緒にいたいなぁ……と彼は幸せを噛みしめるでしょう。

(4)何も言ってないのに「相談乗るよ?」と言ってくれたとき

『何も言ってないのに、僕がツライ状況を察してくれて、もうこの人しかいない!って思いました』(28歳/SE)

何も言ってないのに、自分のツライ状況を察してくれたら、彼としてはまさに感無量ですよね。
自分のことをよく見てくれていることがわかって、愛されてるなぁと実感せずにはいられません。

何も言わないけど相手のことはわかる、それくらいシンクロ率の高いカップルになれたら理想的ですね。


男性は、気遣いのできる彼女や、いつも優しい彼女といるときに、愛されていることをやっぱり実感するものです。
ぜひそんなできる彼女を目指して、彼と唯一無二の関係を作っていってくださいね!

(恋愛jp編集部)