ファッションにはさまざまな要素がありますが、気を付けないと「だらしない」と思われてしまうポイントがあるのも事実。
絶対におさえておきたい、だらしないと思われるNGポイントをご紹介します。

(1)ゆるゆる

『ゆるゆるの服を着てる子ってどうしてもだらしなく見える』(27歳/金融)

洗濯をしすぎたり、サイズ感があっていなかったり。
ゆるゆるの服は見ている人からダサいと思われてしまうポイントになります。

おしゃれでいたいなら、劣化した服は正しいタイミングで処分するべきですし、サイズはしっかり試着するなどしてチェックしておきましょう。

(2)下着

『下着の紐が見えてる子って、色々とだらしなさそう』(26歳/営業)

とくに夏場になると下着のラインや紐が見えてしまう女子が急増します。
計算してわざと見せているならまだしも、知らず知らずに見えてしまう下着には、男性から不評の声が集まります。

場合によっては、「体の関係でも意識がゆるいのでは?」なんて誤解を与える恐れも。
夏場など、温かい季節のコーデでは下着の管理も徹底しましょう。

(3)クリーニングタグ

『クリーニングのタグつけっぱなしって、どんだけだらしないの?』(27歳/経営)

クリーニングに大切な衣類を出すことはおしゃれさんに必須条件ですが、必ずつけられる洗濯済みタグは取るようにしましょう。

ジャケットの裏側やズボンの裾からタグが見えていると、「自分の服すら管理できないのかよ!」とだらしなさを感じられてしまいます。
クリーニングに出したら、衣類の状態に加えてタグの取り外しを習慣化したいものです。

(4)汚れ・劣化

『何年着てるの?ってくらい着古した服はさすがにだらしないよ』(26歳/マーケティング)

衣類は消耗品。
洗濯や着用時のさまざまな動きで汚れや劣化が生じるものです。

毛玉がたくさんできたり、しわしわの服をずっと着続けていると、おしゃれでないというだけでなく、だらしないと思われかねません。
必ず衣類の状態は定期的にチェックして、着てみて「劣化したな……」と感じるものは処分しましょう。


ファッションを着こなすなら、絶対におしゃれと思われたいのが乙女心。
間違っても、だらしない!なんて思われないように、定期的なチェックを心掛けましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー