一人暮らし男性は、なにもかも一人でしなければいけません。
だから彼女に手料理を振る舞われると嬉しくて感激しちゃいます。

そんな一人暮らし男性はどんな手料理を作ってほしいと思っているのでしょうか。

(1)いつも夜遅くなる彼にはピッタリ!「うどん」

『薄めのお出汁の味が体に優しく沁みますねぇ』(25歳/企画)

毎日残業が遅くまで続き、コンビニ弁当を買って帰っては急いで食べて寝る日々。
そんなに遅くに食べるならガッツリ系はやめておいたほうが……って思うけど疲れているとついついハンバーグなどに手が伸びてしまいます。

だからたまには彼をいたわって消化に優しいうどんを作ってあげてください。
あなたが作った愛情たっぷりのうどんは、とても美味しいはずですよ。

(2)仕事での疲れや緊張感をほぐして……「味噌汁」

『サラダは苦手だけど、具沢山の豚汁は好き』(26歳/IT)

お味噌汁は疲れた心をほぐしてくれますよね。
寒い時期にお味噌汁を出してもらったら、芯まで温まります。

味噌汁だけでメインのおかずになるぐらい、豊富に具材を入れてみてはいかがでしょうか。

野菜いっぱいの豚汁にしてもいいですね。
ほっこり温まる味噌汁で仕事の疲れやストレスを吹き飛ばしてもらいましょう。

(3)疲れた体力気力を一気に回復!「唐揚げ」

『唐揚げは匂いからやばい!ご飯といっしょにモリモリ食べちゃいます』(30歳/公務員)

飲みに行っても注文する率の高い唐揚げ。
帰ってきてテーブルに唐揚げがあったらテンション上がります。

バクバク食べてくれますよ。

空腹状態の胃に大好きな唐揚げが満たされていく。
彼は最高に幸せな気持ちになるでしょう。

(4)ご飯との相性抜群!「豚の生姜焼き」

『がっつりお肉だけど疲れも癒されて体にいいなんてさいこー』(33歳/営業)

とにかくご飯との相性がいい豚の生姜焼き。
もうご飯がとまらない!

男性は仕事で疲れてクタクタです。
でも生姜には疲労回復の効果が!

彼のことを一番に考えられたメニューに感激されちゃいますね♡


一人暮らしって結構寂しいんですよね……
「おかえり!」って言ってくれる人がいて、温かい料理まで用意してくれていたら泣きそうなぐらい嬉しい。

どうせなら彼がおもいっきり喜んでくれる理想の手料理を作って帰りを待っていたいですね。

(恋愛jp編集部)