性別が違う二人ですから、100%理解し合うのはなかなか難しいもの。
その中でも男性が特にガッカリする瞬間についてお話しします。

「キミとは合わないから別れたい」となってしまう前に、どんなことが該当するのか勉強しておきましょう。

(1)自己中心的な性格

『だんだん自分が奴隷に思えてきたよ……』(25歳/サービス)

男性は多かれ少なかれ女性のわがままを聞いてあげたいと思っているものです。
ただ、それが度を越してしまっていたら付き合いきれなくなってしまいますよね。

あなたが会いたいときにだけ会ってませんか?
あなたの行きたいところ、したいことばかりしていませんか?

自覚がある人は、たまには彼の意見を尊重してあげてもいいのかも。

(2)気分屋な態度

『気持ちにムラがあるのはしかたないし、あらかじめ言われていたらこっちもサポートするよ』(31歳/製造)

女性には一定のリズムがあるので、どうしても気持ちにムラが出てしまうもの。
しかも心を許した相手になら、なおさら出やすくなってしまいますよね。

そんなあなたのご機嫌取りに、男性はだんだんと疲れてしまいます。
そんな時は言葉できちんと伝えましょう。

「今気分が乗らないから静かになっちゃうけど、怒っているわけじゃないからそっとしておいてほしい」などです。
口できちんと気持ちを説明し、こうしてほしいというのをはっきりと伝えるように日ごろから心がけましょう。

(3)食事の好みがあまりにもかけ離れている

『ご飯いちいち違うの作らないとじゃん(笑)』(26歳/商社)

男性はこってり系、女性はあっさり系とか、好き嫌いがあまりにも違いすぎる二人は将来的なことをなかなか想像できないもの。
もし結婚して、一緒に生活をするようになれば、基本的に食事は一緒に取ることでしょう。

そんな時に好きなものと嫌いなものがあまりにもチグハグだと、作る方も食べる方もストレスになる可能性があります。
「お互い好きなもの食べれば良いじゃん」っていう簡単には済まないくらい、意外と食の好みは奥が深いものなのです。

(4)束縛が強い

『飲み会禁止とかきついのはもう耐えられないよ』(28歳/企画)

いつだって自分だけを愛してほしいと思うのが女心。
でも追いかければ追いかけるほど、束縛すればするほど、相手の心は離れていくものなのです。

適度な束縛は、恋愛におけるエッセンスになります。
ただなにごともほどほどが大切。

彼を信用し、逆に放し飼いにするくらいの度量を持ちましょう。


男性目線で限定してお話ししましたが、逆でも当てはまるものだと思います。
自分がされたら嫌なことはしない、といったように相手に対する思いやりの心を忘れなければ幸せな未来があなたを待っているはずです。

(恋愛jp編集部)