女性は「え!?」って思うようなことでも、男性の心が冷えきちゃってる瞬間ってあるんです。
その時は顔に出さなくても、それが積み重なっちゃうと破局の原因になりかねません。

男性がどん引きした「彼女に冷めた瞬間」についてまとめてみました。

(1)常識を逸した連絡頻度

『1日中ずーっとLINEがくるのはしんどい』(26歳/営業)

離れている彼とはなるべくコミュニケーションを取りたいと思いますよね。
彼だって、時と場合をわきまえていれば同じ気持ちなんですよ。

ただ忙しかったり疲れているのにしつこく連絡するのはNGです。

付き合ってるからこそ、今彼がどんな状況に置かれているかわかるものですよね。
彼の気持ちを尊重しない女性は、男性に呆れられちゃうみたいです。

(2)あらぬ疑いをかけられた時

『全然信用されてないんだな……って悲しくなる』(28歳/経営)

好きだからこそ不安になっちゃうのはわかります。
でも本当に何もないのに「この日何してたの?」とか「本当に仕事してたの?」といった疑いの目を向けられるとげんなりしちゃうみたい。

「そんなに信用がないのか」と相手思わせちゃうのは、恋愛の寿命を縮めちゃいます。
制限されるとしたくなっちゃうもの。
彼女なんだから逆にほっとくくらいの気持ちで、どんと構えてましょう。

(3)重すぎる時

『付き合って間もないのに結婚をチラつかされるのは重い……』(27歳/企画)

恋愛感情をフェアに保つのは非常に難しいことですが、その力関係がうまくいかないと必ずどっちらかが「重い」と感じてしまいます。

たとえばあなたの愛が重い時。
無意識に結婚をチラつかせたりしてませんか?

男性は軽い恋愛を求めているわけではありません。
同じくらいの「好き」を求めているのです。

(4)他の男の人を褒めた時

『目の前で他の男を褒められるとイライラする』(27歳/人事)

「そんなにそいつがいいなら、そいつと付き合えばいいじゃん」と思ってしまうみたい。
男性は女性に比べて闘争本能が強いので、同性と自分を比べられることを非常に嫌がるのです。

逆に言えば「○○くんはかっこいいけど、あなたの方がかっこいいよ♡」っていう言葉に弱いわけですね。
逆手に取れば、彼の心を上手に操ることができちゃうんです。


4つほど挙げましたが、どれも無意識にやりかねない行動です。
しっかりとリスクマネジメントをして、ずっと愛される彼女でいましょ♡

(恋愛jp編集部)