お付き合いをしているのであれば、彼を喜ばせたいところ。
LINEのメッセージは、顔が見えないからこそ相手の顔を想像させる効果があるのでドキッとさせるにはもってこいの瞬間です。

今回は彼をドキッとさせる鉄板LINEメッセージについてご紹介します。

(1)夜の「今、暇だったりする?」

『ここからは一緒にメッセージやりとりできる時間なのかなってドキドキ』(26歳/飲食)

夜にメッセージが来るだけでもドキッとします。
夜のテンションというのはメッセージが盛り上がりますよね。

でも、今何している?などはちょっと重く感じさせてしまいがち。
そこで申し訳なさそうな感じで、「今暇だったりする?」などがおすすめです。

忙しかったらごめんね!などを加えるとなおよしです。

(2)赤らめた絵文字やハートマーク

『女の子らしいLINEで可愛いなあって』(32歳/不動産)

頬を赤らめた絵文字などがありますよね。
そういった絵文字を送ると、男性に可愛いと思ってもらうことができます。

絵文字をつけるだけで文章が丸く、可愛くなるんです。
またハートマークもおすすめ。

でも多用をすると、ちょっと痛くなってしまいがちなので、気をつけましょう。

(3)「声が聞きたいなぁ〜」

『我慢できなくてって感じがまたいいよね』(28歳/サービス)

最初から送るのはおすすめしません。
効果的な使い方は、メッセージが盛り上がったころ。

メッセージが盛り上がっているときに、ふと「電話してもいい?」なんて聞いてみましょう。
盛り上がっている段階であれば、男性の気持ちを高揚しているので、OKをもらえる可能性が高いでしょう。

ドキッとさせることができるので、タイミングも含めて大変おすすめです。

(4)ほんと好き!

『さりげない愛情に幸せ感じます』(30歳/公務員)

LINEで愛を伝えていますか?
全く伝えていない人は、伝えるようにしましょう。

ふとした時に出る「好き」という言葉は、相手をドキッとさせることができます。
また普段言っている人は言い方を変えましょう。

何かやってもらった時に、「ありがとう!もうホント好きだわ!」などとお礼を加えましょう。
サラッと出る好きにドキッとさせることができます。


今回は彼をドキッとさせるLINEのメッセージについてご紹介しました。
ぜひ、参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?