いつもは自分の好きな格好をしているという方でも、デートのときは彼好みの服で喜ばせてみてはいかがでしょうか?
彼の好みが良くわからないという方は、これら4つを避けておけば安心。

今回は、一緒にいて恥ずかしいと思われる「NGデート服」4選をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)タイツやレギンス

『まったく透けないような厚めのタイツは嫌です』(26歳/営業)

女性の脚に魅力を感じるという男性は多数。
せっかくのデートなのに、タイツやレギンスで隠すのはもったいないです。

生脚は抵抗があるという方は、ストッキングまたはデニールが低めで、肌が透けて見えるタイツがオススメ。

(2)アラレちゃんめがね

『アラレちゃんめがねなんてかけなくても、十分顔小さいし可愛いのに』(27歳/SE)

数年前に流行した大きめなフレームが特徴のアラレちゃんめがね。
小顔効果が期待できるので、女性には頼りになるアイテムなのですが、せっかくの可愛い顔が隠れるのでかけてほしくないという男性も。

だてめがねをかけたい気分のときは、細めのフレームで大きすぎないサイズをチョイスしてみてください。

(3)サンダル×靴下

『えっ急いでたの?って言いたくなる』(28歳/経営)

サンダルを履きたいけど、少し肌寒いというときについやりがちな組み合わせ。
急いで家を出てきたみたいと感じる男性も多いです。

普段のコーデには問題ありませんが、デートの際には避けるのがオススメ。

(4)ワイドパンツ

『ワイドパンツって体のラインがまったくでなくて残念』(27歳/広告)

さまざまなトップスに合わせやすく、気になる下半身をカバーしてくれるワイドパンツ。
万能アイテムですが、着回し過ぎに注意です。

女性らしいラインが見える服装が好きな男性からすると、今日もワイドパンツかと落胆してしまいます。


今回は、一緒にいて恥ずかしいと思われる「NGデート服」4選を紹介しました。
心当たりのあるものはありましたか?

デートの際はいつもより男ウケを意識して、彼をきゅんとさせてみましょう。

(恋愛jp編集部)