身長が低い方は、どうしても縦のラインが強調されにくくややスタイルが悪く見えがちです。
またアイテム選びを間違えると、身長の低さが強調されてしまうため注意しましょう。

今回は、低身長の方が気をつけるべきスタイルが悪く見えてしまうアイテムについてご紹介します。

(1)フラットシューズ

『フラットシューズってあんまり脚がキレイに見えないかも』(27歳/営業)

フラットシューズはとても歩きやすいため、普段から着用している方も多いでしょう。
しかしフラットシューズは美脚効果があまり期待できないため、スタイルが悪く見えてしまうことがあるのです。

フラットシューズを履くときは、お尻が隠れる程度の丈が長めのカーディガンを着るなど縦のラインを強調してみてくださいね。

(2)長すぎる丈のアイテム

『だらっと長い丈の服ってあんまりスタイル良くは見えないね』(26歳/保育士)

そこそこに丈の長いアイテムは、縦のラインを強調してくれるためスタイルをよく見せる効果があります。
しかしあまりにも丈が長すぎるアイテムを選んでしまうと、服に着られているような印象になってしまい、スタイルアップ効果が期待できません。

縦のラインを強調したいからといってただ長い丈のアイテムを選ぶのではなく、自分にきちんと合った丈かどうかをチェックすることが大切です。

(3)膨張色のアイテム

『白とかピンクとかの膨張色のアイテムは横に広がって見えるからやめとこうよ』(28歳/金融)

膨張色のアイテムを選ぶと、どうしても横に広がって見えがちです。
すると背の低さが強調されてしまい、スタイルが悪く見えてしまいます。

シャープに見える暗めの色や、寒色のアイテムを選ぶと、引き締まった印象に見えるためオススメですよ。

(4)ゆったりとしたシルエットのアイテム

『ゆるっとして全体的にゆったりとしたシルエットだと、太って見えちゃうよ』(27歳/マーケティング)

ゆったりとしたシルエットのアイテムも、横に広がって見えてしまいます。
そのため縦のラインが見えづらく、スタイルが悪い印象になってしまうのです。

ゆったりとしたシルエットのアイテムを合わせる場合は、トップスをインしてウエストを高い位置に見えるようにするなど、スタイルアップ効果が狙える着こなしを心がけましょう。

今回は、低身長の方が気をつけるべきスタイルが悪く見えてしまうアイテムについてご紹介しました。

アイテム選びに気をつければ、きちんと縦のラインを強調してバランスよく見せることができますよ。
上手にアイテムを組み合わせて、自分に合ったコーデを見つけてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)