女性には、体や気分の調子から「今日はちょっと……」という日もあると思います。

そんなときは大好きな彼を添い寝に誘ってみましょう。
彼の寝息やすこやかな寝顔に、いつも以上の安らぎを感じることができますよ。

今回は、男性をズキュンとさせる「添い寝」について4つご紹介します。

(1)手を繋いで添い寝

『手を繋いで添い寝すると安心する』(27歳/営業)

手を繋ぎながらの添い寝は、添い寝ビギナーのカップルにオススメの方法です。

「手を繋ぐだけ?」と思われるかもしれませんが、男性の大きく暖かな手に包まれることで、安心感を得ることができます。
お互いに負担のない寝相がとれることから、一番リラックスできる添い寝の方法です。

(2)足を絡める添い寝

『添い寝してるときに足を絡められると、ドキドキしちゃいます』(28歳/コンサル)

寒くなる時期には、足を絡めた添い寝がオススメです。
冷え性に悩む女性にとって、男性の足の暖かさは嬉しいものですね。

「足冷たい、あたためて」と彼に一言伝えることで、添い寝のムードも高まります。
身長差のあるカップルなら、あらためて男性らしさにトキメキを感じることもできるでしょう。

(3)おでこにキスの添い寝

『おでこにキスを求める彼女が可愛らしい』(26歳/飲食)

男性からのキスで、ロマンチックな雰囲気で眠りについてみませんか。

男性に優しく抱きしめてもらって、おでこにキスを求めましょう。
彼の呼吸や暖かな寝息のもと、心穏やかに眠りにつくことができるはずです。

お互いの顔の距離感が近く、唇へのキスも期待できます。

(4)バックハグの添い寝

『後ろからハグすると密着度が高くてドキドキする』(29歳/サービス)

抱き枕のように男性を後ろからハグする添い寝は、彼の広い背中から、なんとも言えない安心感を得ることができます。

洗濯物やお風呂上がりの石鹸、また男性の背中の、かおりからリラックス効果も期待できますよ。
密着度の高さから、男性をドキドキさせる添い寝の方法の一つでもあります。


交際するうえで、価値観や体の相性もそうですが、実は添い寝の相性もとても大切です。
朝目が覚めた時に、大切な人が目の前にいる幸せは、どんなことにも変えがたいものですよ。

添い寝が上手にできるカップルは、きっと末長く素敵な恋人同士でいられるでしょう。

(恋愛jp編集部)

診断バナー