大好きな人とのハグ…。
人によってはドキドキする人も、リラックスを感じる人も、幸福感を得られる人もいるでしょう。
また、ハグが起爆剤になり「もっと触れていたい」と感じ、愛情が深まる効果もありますよね。

今回は男性がついメロメロになってしまう「ソフトハグ」について紹介します。

(1)後ろからギュッと

『そんな不意打ちは完全に反則です…!!』(25歳/営業)

後ろからのハグは相手の顔が見えない分、「感覚」で相手を感じ取ります。
特に不意にギュッとすることで、彼は感覚のみで状況を読み解こうとします。
そんな彼の感覚が導き出す答えは「ドキドキ感」。

このドキドキが彼にとってもたまらないものとなることは間違いなし!
さらにシャンプーのいい香り等の深効果があると効果は抜群です!

(2)会った瞬間

『会いたかった気持ちが伝わってきてめっちゃ嬉しい!』(27歳/飲食)

大好きな彼とのデートは楽しみなことは言うまでもないでしょう。
では、その「「楽しみにしていた」気持ちをあった瞬間にぶつけてしまいましょう!

彼にもその気持ちが伝わり、純粋に嬉しく感じてくれるはずです。
ここで大切なことが、あくまでソフトハグで気持ちを伝えること。
公衆の面前で激しくハグをしてしまうと、恥ずかしがって嫌がってしまう男性もいるかもしれません。

(3)じっと見つめてから

『なんとなく察してからのハグは可愛すぎるっ!!』(23歳/マーケティング)

急に誰かにじっと見つめられたとします。
防衛本能的に「どうしたんだろう」と軽く疑問に感じた後に、なんとなくそのあとのことは察しがつくでしょう。

男性としては、その「察した状態」でハグをされると、女性が愛おしく思えて仕方がありません。
言葉に出さず、目線や行動で「スキンシップをとりたい」という気持ちを伝えるのがとても大切です。

(4)ケンカのあと

『これは優勝。』(27歳/デザイン)

ケンカをした後、なんとなくギクシャクした空気が続いてしまうことってありますよね。
もちろん、彼の方も仲直りをする努力をしなくてはいけませんが、こんな時のソフトハグの効果は絶大。

ケンカの原因なんて忘れてしまうくらい、彼はあなたにメロメロになってしまうこと間違いなしです。


ハグは言葉以上に愛情が伝わるコミュニケーションといえるでしょう。
シチュエーション次第でドキドキ感も与えることができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。