彼からのLINEがいつも短文で「素っ気ないな~」と感じている人はいませんか?
こっちが長いLINEを送っても返信が1行だとガッカリしてしまいますよね。

男性はなぜ本命の彼女にも短文LINEを送るのか、複雑な男心に迫ってみます

(1)いっぱいやりとりしたいから

『テンポよくたくさんやりとりしたい!』(26歳/営業)

LINEの魅力といえば、チャットのようにテンポよいやりとりですよね。
メールのようなメッセージを送るより、短い内容を何回もやり取りする方が好きだから短文で送る人もいるようです。

たしかに短文だと読むのも打つのも気軽にできますよね。
会話感覚で楽しみたいという男心が隠れているようです。

(2)伝わりやすいから

『だらだらと長い文章を送るより、気持ちが伝わりやすい気がする』(27歳/金融)

長い文章だと、伝えたいことがうまく伝わらないかもしれません。
短文ならシンプルなので、他の文章に埋もれることなく伝えたいことがストレートに伝わります。

端的で素っ気ないと「好きじゃないのかな?」と思ってしまいそうですが、そういうわけではないようです。

(3)彼女を待たせないために

『長いLINEだとどうしても待たせちゃうから』(26歳/IT)

長文のLINEを返そうとすると、相手を待たせてしまいます。
できるだけ待たせないようにするため、返信はシンプルな短文LINEになってしまうようです。

愛情があるからこそ短文になっているというわけですね。

(4)LINEがあまり好きではない

『LINEより電話とかの方が好きなんだよね……』(27歳/建築)

LINEが素っ気ない短文で不安になってしまう女性もいるでしょうが、彼が好きじゃないのはあなたではなく、LINEのようです。
LINEやメールが苦手な男性は、短文になってしまうみたいですよ。

LINEが苦手でもきちんと返信をくれるなら、あなたへの愛情があることは間違いないでしょうね。


彼のLINEが短文だからといって、彼女のことを雑に扱っているわけではないようです。
それどころか彼女への思いやりから短文になってしまうこともあるみたいですね。

文面のボリュームに差がありすぎるとガッカリしてしまいますが、愛情の深さとは関係ないので安心してくださいね。

(恋愛jp編集部)

男性の99%が密かに思っていた「SEXあるある」3つ ~女性の身体編~